銀杏BOYZ峯田和伸『恋仲』最終回に出演、初回挿入歌「BABY BABY」に続くサプライズ

銀杏BOYZの峯田和伸が、9月14日放送の『恋仲』(フジテレビ系、毎週月曜21:00)の最終話に特別出演することが決定。映画「アイデン&ティティ」で主演を務め、話題の映画「ピース オブ ケイク」への出演など、ミュージックシーンだけでなく、映画界でも存在感を示す峯田が、民放連続ドラマ初出演を果たす。

ドラマの初回放送で、高校時代の主人公・三浦葵(福士蒼汰)とヒロイン・芹沢あかり(本田翼)がイヤホンを分け合って聴いた思い出の曲として使われた銀杏BOYZの「BABY BABY」。19歳だった峯田和伸が、バンドGOING STEADY時代に作詞作曲を手がけた楽曲で、峯田の代表曲のひとつだ。続く第2話では世武裕子によるカバーバージョンが流れ、7年ぶりに再会した葵とあかりの距離をぐっと近づけるきっかけとなった。14日放送の最終回では、峯田演じる人物が、葵とあかりに何かを手渡すというのだが、どのようなシーンに登場するのか期待が高まる。

初の民放連ドラ出演について峯田は「恋愛みたいなもので、お互いのタイミングが合致するかどうかだと思うんですが、今回は曲を使っていただいたということと、スケジュールもちょうど合致したということで、やらせていただくことになりました」と語り、自身の演技については「0点です(笑)。自己評価は全くできないですから。とりあえず迷惑だけはかけないようにつとめただけです」とコメント。また、今回楽曲が伝われたことについては「「親がドラマを見ていて、曲が流れてるよ! といって驚いていました。親が喜んでくれたのが何よりです」「作ってみるもんだ、とあらためて思いました。いま届かなくてもいつか届くことがあるかもしれない、聴いてくれた人が何か別の形にしてくれるかもしれないので」と話している。