大原櫻子「夢をつかもうとする意思が大事」フジテレビ次世代スター発掘オーディション最終審査でエール

フジテレビが“新世代をリードするスター”の発掘を目指して開催した全国オーディション『お台場夢大陸presentsドリームメガガールズオーディション』のグランプリを決める最終審査決定ステージが20日、『お台場夢大陸』で開催。応援キャラクターの大原櫻子がエールをおくり、約3,000人の応募者の中から藤田菜々子さん(20歳)がグランプリに輝いた。

グランプリを決める審査中には、応援キャラクターを務める大原櫻子がライブを行い、自身のデビュー曲「明日も」(MUSH&Co.)と「真夏の太陽」を披露。大原は「オーディションを受けるということが本当にステキなことで、夢をつかもうという意思が一番大事なんじゃないかなと思います。毎日、お台場夢大陸で働いて、彼女たちは今日ここに立っています。見ているだけで本当に涙が出てきます」と、オーディションの大変さを知る大原が8人の頑張りをねぎらった。

『ドリームメガガールズオーディション』は、フジテレビ初の試みとして実施され、書類審査と2次審査を経てファイナリスト8名を選出。彼女たちは「お台場夢大陸」でさまざまなイベントに参加してPR活動を行いながら、最終審査決定ステージ進出者3名を決める投票を呼びかけてきた。ファイナリスト8人がステージに登場すると、それぞれがトークや歌などで最後のアピール。最終的に投じられた19,000票によって最終審査決定ステージに進む3人、新井美瑛子さん(20歳)、伊藤愛真さん(17歳)、藤田さんが決定し、その中からグランプリに藤田さんが選ばれた。さらに、今後のデビューに向けて育成契約を結ぶ「フジパシフィックミュージック賞」が急きょ設けられ、伊藤さんが受賞した。

グランプリに輝いた藤田さんは、「本当に信じられなくて、脚も震えているし、声も震えています。投票してくださった皆さんにお礼を言いたいです」と感謝と喜びを伝えた。