岡田将生、新垣結衣に“究極の片想い”役『掟上今日子』及川光博、有岡大貴らも出演決定

西尾維新の原作を、新垣結衣主演で実写化することで注目を集めている10月クールの連続ドラマ『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系、毎週土曜21:00~、放送開始日未定)。この度、追加キャストが発表され、新垣演じる今日子“究極の片想い”をする役を岡田将生が演じることがわかった。

本作の主人公は、寝てしまうと記憶が1日ごとにリセットされるため守秘義務は絶対厳守、どんな事件も1日で解決する美女探偵・掟上今日子(おきてがみ きょうこ)。またの名を“忘却探偵”。彼女の体には、忘れてはいけない大事なことが常にマジックで書かれている。そんな彼女に惚れてしまったのが、毎回何かの犯人に間違われては探偵のお世話になる“史上最も運が悪い男”隠館厄介(かくしだて やくすけ)。どんなに今日子と仲良くなっても、次の日には完全に忘れられて「初めまして」と言われてしまう切ない恋模様は、まさに“究極の片想い”。毎回起こる不思議な事件をたった1日で解決する“謎解きの面白さ”と、覚えていたくても覚えていられない“忘却の儚さ”がこの作品の魅力の一つ。どんなに近づいても“思い出”が残らない今日子と厄介の間に恋は芽生えるのか。

岡田が演じる厄介は、良い人なのに、幼い頃からいつも何かしらの事件に巻き込まれ、疑われ、仕事も転々としている。しかし、ある事件で「容疑者」となり、「探偵」としての今日子に出会い、捜査を依頼することになる。岡田は、「犯人ではないのに、毎回犯人に間違えられるというツイテナイ男です。そこで、新垣さん演じる今日子さんと会い、事件を解決しながら少しずつ厄介が今日子さんに好意を持っていきます。ミステリーですが、恋愛要素もあり、今からとても楽しみにしています。スタッフ・キャストの皆さんで面白いドラマにできるよう頑張りたいと思います」と意気込んでいる。

今回発表された他のキャストは、ドラマオリジナルの登場人物を演じる。厄介が犯人と疑われるたびに救いをもとめて駆け込む探偵斡旋所の謎多き所長・絆井法郎(きずない ほうろう)」役に及川光博。今日子の捜査をフォローし、時には厄介の恋を応援する若き従業員・也川塗(なりかわ ぬる)役にHey! Say! JUMPの有岡大貴。もう1人の従業員・幕間まくる(まくま まくる)役に内田理央が決定した。一風変わった名前は、西尾維新作品の特徴の一つであり、今回も役柄を踏まえて原作者の西尾自身が命名した。及川らのコメントを以下で紹介する。

<及川光博>
オリジナルキャラクター、絆井法郎を演じます。役名は原作者の西尾先生につけていただきました。なにやらくせ者……。ワクワクします! 楽しい現場になりそうです☆

<有岡大貴>
原作も読ませていただいて、斬新な設定と魅力的なキャラクターたちに心を奪われました。オリジナルキャラクターの塗という役をやらせていただきますが、今から今日子さんと厄介の甘酸っぱいやり取りを間近で見られることにワクワクし、楽しんで撮影に参加出来ればと思います!

<内田理央>
10月スタートのドラマ『掟上今日子の備忘録』への出演が決まりました! 以前から愛読させて頂いておりました西尾維新先生の初の実写化に出演することができ、とても光栄です。私の演じさせて頂く幕間まくるは、ドラマのオリジナルキャラクターです。アクションもあるかも? ということで、今からとてもドキドキしています。精一杯務めさせて頂きますので、よろしくお願いします。

PICK UP