太賀、『恋仲』副音声で「ほんとクズ野郎だな、おまえ」野村周平に本音

俳優の野村周平と太賀が、17日に放送するドラマ『恋仲』(フジテレビ系、毎週月曜21:00)の第5話に副音声で出演。主人公・三浦葵(福士蒼汰)の最強の恋敵として話題沸騰の蒼井翔太役を演じる野村と、複雑な恋と友情の間に立つキーパーソン・金沢公平役の太賀が、座談会の模様を同時放送することになった。

今回、副音声収録のために、野村と太賀の二人はできたてほやほやの第5話本編を並んで視聴。葵がついに面と向かって翔太に対峙するシーンで太賀が「ほんとクズ野郎だな、おまえ。ほんとに翔太嫌い(笑)」と本音をこぼしたかと思えば、ヒロイン・芹沢あかり(本田翼)が葵といるシーンで野村が「俺(翔太)の事なんて忘れているんだろうな」とぼやくなど、ざっくばらんにトークを展開。さらに、「主題歌きたー!」「葵、走れー!」と思わず二人で叫びながら、ドラマを最大限に楽しんでいる様子が伝わってくる内容となっている。

Youtubeでは、福士蒼汰、野村周平、太賀の男性出演者3人によるトーク企画「俺の恋仲座談会」を3回にわたり配信。3本の動画再生回数は16日までに合計67万回を記録。また、先週Twitterで配信した座談会企画第2弾、野村周平と太賀による動画コメンタリー(計9本)は、合計12万以上のアカウントがお気に入り動画として登録するなど好評を博している。

先週放送された第4話では、高梨恵里香(馬場園梓)から芹沢あかり(本田翼)が帰って来ないと連絡を受けた三浦葵(福士蒼汰)が、蒼井翔太(野村周平)のマンションへ向かい、何が起きたのか追求。すると翔太は「終わったんだよ」と衝撃的な言葉を葵に伝えた。第5話では、翔太が寛利(小林薫)に金を渡し、二度とあかりに会うなと告げたことを葵は知る。職場に戻ったものの仕事が手につかない葵。冴木瑠衣子(市川由衣)に次の休日に美術館デートへと誘われる。翌朝、瑠衣子が葵の会社に行くと、徹夜をしていた小谷照吉(前野朋哉)の様子がおかしい。見知らぬ美女が訪ねてきて建築現場の作業員リストを見せてほしいと言われたという……。

複雑に絡み合っていた三角関係がついに崩れ、波乱の展開となる第5話。出演者のリアルな声を聞きながら『恋仲』をより楽しんではいかがだろうか。

PICK UP