11年ぶり復活!ドラマ『南くんの恋人』キービジュアルが解禁

もしも恋人が手のひらサイズなってしまったら……。というあり得ない設定ながら、1990年、1994年、2004年と3度にわたりテレビドラマ化され人気を博してきた名作『南くんの恋人』が、フジテレビで11年ぶりに復活。『南くんの恋人~my little lover~』と題して2015年に放送される。12日、ドラマのキービジュアルが解禁された。

『南くんの恋人』は、月刊漫画ガロで1986年~87年に連載された内田春菊の代表作。高校3年生の南くんと、突然、手のひらサイズになってしまった幼なじみ・堀切ちよみの恋と同棲生活の模様を描いた胸キュンラブストーリー。

南くん役を若手注目株の中川大志、ちよみ役を話題作に続々出演中の山本舞香がそれぞれ演じる。また、制作には「イタズラな Kiss2~Love in TOKYO」のスタッフが再集結し、原作ではおっとりした南くんを、本作では学力優秀で超イケメンのオリジナルキャラクターとして再構築し、新たな「南くんの恋人」を作り上げていく。

公開されたキービジュアルでは、ドラマ本編のクールな印象とはひと味違った優しい雰囲気の南くんと、プリンやマカロンなどのスイーツがちりばめられたテーブルの上に身長15cmになったヒロイン・ちよみがちょこんと座っている可愛らしいビジュアルになっている。南くんは超イケメンというオリジナル設定以外にも、隠れスイーツ男子という追加設定もあることが明かされ、劇中でどのように描かれるのかにも期待だ。

PICK UP