木村沙織「恥ずかしかった」眞鍋監督と『サザエさん』で声優初挑戦

リオ五輪出場権をかけて行われる『FIVBワールドカップバレーボール2015』(8月22日開幕)に出場する、バレーボール全日本女子の眞鍋政義監督と木村沙織選手が、フジテレビの人気アニメ『サザエさん』(毎週日曜18:30)に出演することが決定。このほどアフレコ収録が行われた。

二人が出演するのは、8月23日(日)に放送される「目指せバレーの星」というエピソード。優勝賞品のスイカ1ダース獲得を目指し、カツオが友人と参加。するとそこに、眞鍋監督と木村選手がゲストで来るという設定。二人は本人役で出演し、カツオ、サザエとセリフのやりとりがあるという。

声優初挑戦となった二人は、初めてのアフレコ収録の雰囲気に新鮮さを感じた様子。眞鍋監督がよそ行きの声を披露し、セリフをかむ場面には木村選手が思わず噴き出すなど、終始明るい雰囲気の中で収録は行われた。

初めてのアフレコ体験を終えた眞鍋監督は「本当に小さい時からね、ずっとこの『サザエさん』を見てきましたから、本当に今日はうれしいです。いい経験ができました!」と語り、「いよいよ8月22日からワールドカップが始まりますが、サザエさんファミリーと一緒に世界一に挑戦したいと思います!」とコメント。

一方の木村選手は「緊張もしましたし、私はあんまり自分の声が好きじゃないので、ガサガサな声がすごく恥ずかしかったです」と述べつつ、「カツオ君と握手できてうれしかったです!」と収録を振り返った。また、「(ワールドカップでは)本当に厳しい戦いが続くと思いますが、チーム一丸となって私たちもサザエさんファミリーのようなチームになれるように頑張りたいと思います」と、大一番への意気込みを語った。

フジテレビ編成部の野崎理プロデューサーは、「サザエさん役の加藤みどりさんも“眞鍋監督の声が素敵です!”と大絶賛。また、木村選手に対しても“リズム感が良い!”とお二人のアフレコに感激の様子でした。サザエさん×バレーボールの特別コラボ、ぜひお楽しみに!」とコメントしている。

PICK UP