オリジナルアニメ『オシリスの天秤』がフジテレビオンデマンドに登場

テレビ番組や電子コミックなどの配信を行っているフジテレビのエンターテインメントサービス「フジテレビオンデマンド」(以下、FOD)が、初のオリジナルアニメーション「オシリスの天秤」の配信をスタートすることを発表した。

FODは、8月1日(土)より、サービスロゴをリニューアルし、新規コンテンツの充実をはかり、 提供中サービスを一部リニューアル。そのひとつとして発表されたのが、FOD初となるオリジナルアニメ「オシリスの天秤」(全10話)だ。約5分の連続ショートストーリーで展開される1話完結型のアニメで、現代を舞台に、暗殺者である主人公と、ターゲットの会話という特殊な状況が生み出す悲喜劇を毎回バラエティ豊かなサスペンス形式で描いていく。8月1日0時より第1話の配信がスタートし、以降、毎週土曜に最新話を配信していく。

キャラクターの声を担当するのは、第8回声優アワード主演男優賞を受賞し、『信長協奏曲』では織田信長役などを演じている梶裕貴や、 第2回声優アワード主演男優賞受賞の宮野真守、 第4回声優アワード主演女優賞の沢城みゆきなど、声優界を代表するキャスト陣。第1話配信に先駆け『オシリスの天秤』プロモーションムービーを7月29日(水)よりFOD公式サイトで配信される。

主人公の暗殺者は、ある事情から体の左側の臓器がほとんどなく、体が弱く、 体術はもちろん銃の扱いも不得手。しかし、コップの中の水に少し波紋を起こせる程度のサイコキネシスを使うことが可能で、この力により彼はターゲットの脳を破壊し相手を脳死に至らしめることができる。ターゲットの臓器を移植用に提供している。彼は暗殺の依頼を受けると、殺されるべき人間かどうかを確認すめるため、必ずターゲットに直接会い本人と会話する。彼は何者か 彼はなぜ暗殺者になったのか。なぜターゲットの臓器を移植用に使おうとするのか。少しずつその秘密が明かされていく。

そのほか、FODでは、『めざましテレビ』の人気コーナー「きょうのわんこ」の配信や「ノイタミナ月額見放題コース」を拡大し、ノイタミナ以外にも「信長協奏曲」や他局のタイトルが視聴可能となる「アニメ見放題コース」(月額350円、28タイトル約1000エピソード)を新設。また、7月31日(金)~8月2日(日)の期間限定で、「進撃の巨人」を除くすべての電子コミック購入に利用したポイントから一律20%分を即時還元、「進撃の巨人」は、7月31日(金)~8月6日(木)の間、 全巻対象で購入後50%分を即時還元するコミックポイント還元キャンペーンを実施する。

PICK UP