木村拓哉「みなさん次第」、映画『HERO』続編を示唆

映画『HERO』初日舞台挨拶が18日、東京・東京・お台場シネマメディアージュで行われ、主演の木村拓哉はじめ出演者が出席。木村は、本編を見終わったばかりの興奮冷めやらぬ観客に向けて「最後のシーンを見てもらった方には分かると思いますが、このまま終わるのか、続くのかは、きっとみなさん次第です」と続編の可能性を示唆させ、集まった観客から大歓声を浮けた。

『HERO』は、スーツを着ないで仕事をする型破りな検事・久利生公平(木村拓哉)を中心に、城西支部のメンバーがさまざまな事件に立ち向かっていく姿を描いた物語。2001年よりフジテレビで連続ドラマとしてスタートし、スペシャルドラマや劇場版を経て、昨年、シーズン2を放送。今回の劇場版第2弾では、シーズン2のレギュラーメンバーをそのままに、シーズン1で久利生とコンビを組んだ雨宮舞子(松たか子)が登場し、大使館の治外法権という司法の壁に立ち向かっていく姿を描く。

今回、映画の公開までに一般試写会を一度も行っておらず、この回に集まった観客が誰よりも早く映画を見たことに。木村はそんな客席に向けて「本当に気持ちを込めて作りました。受け取ってくださってありがとうございます」と挨拶し、この日の会場と、この模様を同時中継で見ている全国166スクリーンに集まった観客に向けて感謝の思いを伝えた。そして「昨日まではキャスト・スタッフのモノだと自負していましたが、今日をもって、みなさんのモノになります。どんな形でも構いませんので、みなさんなりの方法で楽しんでください」と映画の公開を喜んだ。

また、撮影舞台裏の話として、出演者が「役とギャップがある人物」「NGキング」と「ドSな人」を選出。「役とギャップがある人物」には、松重豊が票を集め、木村は「ご本人は暖かくて、すごくおおらかで身長も高く、ものすごく食される方。川尻部長のみんなを一瞬緊張させる感じは共通するかもしれない」とコメント。続く「NGキング」には杉本哲太が表を集めた。八嶋智人が「NGが多くなったときに逆に結束しましたよね」と話すと、木村は、序盤で登場する長回しのシーンを振り返り「僕らが自然とみんなで円陣を組んで気合いを入れて、撮影で一発OKをいただいたこともあった」と、チームワークの良さを明かした。

そして、「ドSな人」は木村が票を集めた。北川が「自分で超弩級のSだとご自身でおっしゃっていた」と暴露すると、木村も「撮影中に、それぞれが取調室から同時に扉を開けて出てくるシーンがあって、取調室で北川さんと待っていたんです。そうしたら、北川さんが“どうしよどうしよ”って落ち着きがないから“ジタバタしてんじゃねぇ!”と言ったりしていました(笑)」と、サディスティックな一面を披露し、会場の観客を沸かせていた。