嵐メンバー「本当に光栄です」C.ロナウド&ネイマールが『VS嵐』に初登場

サッカーポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)と同ブラジル代表のネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(バルセロナ)が、フジテレビ系バラエティ番組『VS嵐』(毎週木曜19:00)に出演することが決定。収録を終えた嵐の5人がそれぞれコメントを発表した。

これまで番組には多くのスポーツ選手がゲストとして登場してきたが、外国籍の現役スポーツ選手が登場するのは今回が初めて。ロナウドとネイマールは別々に、都内スタジオで収録を行い、ベルトコンベアーから流れてくる、積み重なった缶状のターゲットにむけてバランスボールを蹴り、いくつターゲットを倒せたかを競うアトラクション『キッキングスナイパー』に挑戦した。ネイマールの収録の模様は8月13日、ロナウドの収録の模様は10月中に放送される予定だ。

<コメント>
大野智「テレビでしかお二人を見たことは無かったのですが、今回、キッキングスナイパーに挑戦していただいて、ボールを蹴る音から既に、もう全然違って驚きました」

櫻井翔「日本に来られたタイミングで、あえて『VS嵐』に来ていただけるというのはとてもうれしいことです。お二人に限らずではありますが、サッカー選手の方に実際にキッキングスナイパーをやっていただけるということ、そして、こんなに近い距離感でそれを見られるということは、本当に幸せなことだと思います」。

相葉雅紀「テレビでしか見たことの無いスーパースターのお2方だったので、まさか来てくれるとは夢にも思わなかったですし、ネイマール選手においては何も知らない中で、突然来られたのでビックリしました。しかもキッキングスナイパーまでやっていただけて、そんなお二人の姿を、とても間近で見られたことは本当に光栄です」。

二宮和也「お二人はまさしくスーパースターなので今回、お会いすることができて、本当に光栄ですし、とても幸運だな、と思いました」。

松本潤「個人的な話になりますが、実際に現地の試合を観に行ったことがあるのがFCバルセロナだけなので、その選手が、間近でキッキングスナイパーに挑戦されているということが、本当にうれしかったです。また、お二人とも楽しんでくださっていたことが、とても良かったです。『VS嵐』は良い番組だな、と思いました(笑)」