『心が叫びたがってるんだ。』秩父で初披露決定!物語に迫る特報も解禁

フジテレビの深夜アニメ枠“ノイタミナ”ほかで2011年に放送され、2013年8月に劇場版も公開された『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の制作チームの最新作『心が叫びたがってるんだ。』(9月19日公開)の特報第2弾を公開。さらに、映画の舞台となる秩父での完成披露試写会と新キャンペーン「みんな、心が叫びたがってるんだ。投稿キャンペーン」の開催、本日7月8日(水)よりコミカライズ版の連載が、無料コミックアプリ「マンガワン」と「裏サンデー」などでスタートしたことが明らかになった。

特報第1弾では各キャラクターのCVが解禁されたが、特報第2弾ではついにストーリーに関する内容が描かれる。何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった成瀬順。幼少期、“玉子の妖精”にお喋りを封印され、呪いをかけられ、それ以来、心を閉ざし、コミュニケーション手段が携帯メールのみとなってしまった……。そして、高校2年生になり、全く接点のない3人のクラスメイトと「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命され、ミュージカルを行うことに。わずかなシーンからも彼らの心の傷、葛藤、切ない想いの行方が気になる仕上がりとなっている。

そして、コミカライズ版では、映画では描かれない、本編に繋がるメインキャラクター4人の前日譚を皮切りに、映画本編まで含めてコミカライズ。アニメスタッフ(超平和バスターズ)による原作脚本を、阿久井真が漫画化。「マンガワン」、「裏サンデー」、映画公式HPで公開。描きおろしの前日譚は、7月22日(水)の拓実編を皮切りに隔週水曜日に更新される。

さらに、映画の舞台である秩父で8月29日(土)に完成披露試写会が開催。本編上映のほか、キャスト、スタッフによる舞台挨拶を予定している。公式HPでは、完成披露試写会へ1000名様を招待する投稿キャンペーン「みんな、心が叫びたがってるんだ。投稿キャンペーン」を7月11日より開始。心の殻に閉じ込めてしまった、誰にも言えない気持ちをハッシュタグ「#ここさけ」と共にTwitterで投稿いただいた中から抽選で招待される。応募方法など詳細は、7月11日午前10時にリニューアル予定の公式HPをご覧いただきたい。

PICK UP