『アンフェア the end』10年の歴史と最後の黒幕に迫る予告編を公開

篠原涼子主演でシリーズ完結編となる映画『アンフェア the end』(9月5日全国公開)の予告編映像と本ポスタービジュアルが公開された。

本作は、2006年1月期に連続ドラマとしてスタートし、徹底したハードボイルド&サスペンス路線で人間や社会の暗部を深く捉え、予測不可能で巧妙なストーリーを展開する大ヒットドラマの劇場版第3作。2007年3月に劇場版『アンフェア the movie』、2011年9月に劇場版『アンフェアthe answer』が公開され、それぞれ大ヒットを記録している。公開される『アンフェア the end』では、篠原演じる雪平が、警視庁検挙率№1刑事雪平夏見が刑事だった父の死の真相を追う中で警察内部の闇を知り、鍵を握る機密データを入手。警察、国家を裏で操る権力組織との最期の戦いが繰り広げられる。

解禁された予告編では、10年間の歴史を振り返る映像から始まり、三浦春馬、西島秀俊、瑛太、江口洋介、大森南朋、山田孝之、香川照之など錚々たるメンバーがフラッシュバックで登場。さらに、雪平を取り囲む男たちが「お前殺されるぞ」「何度人に裏切られても、お前は人を信じていた。悲しいくらい優しいな」と囁き、印象的な映像とともに最期の事件の真相に迫っていく。