矢部&マツコ「気持ち悪さが薄れた」南海山里の変化のワケは「売れたと自覚」

ナインティナインの矢部浩之とマツコ・デラックスが取材に応じ、フジテレビ系で6月25日(木)22時から放送する『アウト×デラックス 夏の人事異動スペシャル』のみどころや、レギュラー放送がスタートして3年目を迎えて感じる、お互いのアウトぶりの変化などを語った。

この日収録されたスペシャルでは、番組で活躍するアウト軍団の山里亮太(南海キャンディーズ)、塚田遼一(A.B.C-Z)、加藤一二三、坂上忍のプライベートに1日密着取材を行い、番組初登場時から現在に至るアウトぶりの違いをVTRとトークで徹底検証。審査員にふかわりょう、福里真一、安冨歩、特別審査員に大島雅斗、梶芽衣子を招き、4人が番組内の人事異動の対象かを判断していく。

収録後の2人に、アウト軍団4人の番組初登場時のVTRを見て、一番変化したのは誰かを尋ねると、2人とも山里をピックアップ。矢部は「山ちゃんはほんまに垢抜けましたね。昔はもっともっさい感じだったのに。もちろん、独特のしゃべりとか面白さはありましたけど、なんか東京に染まってしまった。ちょっとスタイリッシュになって、髪もある日さっぱりしましたよね」と語り、マツコも「東京に染まるということは、気持ち悪さが薄れるということなんだね。急激に変わったわよね……。この人、自分が売れたと自覚したんだなって(笑)」とコメントし、取材陣を笑わせた。

そして、レギュラー放送3年目を迎えた感想を聞くと、矢部は「毎回パワーを持った人が来るから、昔は収録がすごく疲れた」と明かし、マツコも「全員に全勢力を注ぐと疲れちゃうから、矢部さんと波長が合う人がいたら任せて、逆に私と合う人がいたら矢部さんがちょっと休憩するみたいな感じで、アウト軍団に対する担当制みたいなのがあったよね」と振り返った。

また、お互いのアウトぶりの変化については、矢部は「2人ともグッドになってしまっています。残念でしょ?」と語り始め、マツコについて「昔はもっと毒気がありましたよね。今はフォローがすごく上手になって、自分一人で成立させてしまう。あと気遣いもできますし、立派な一流タレントさんです」と絶賛。そして「オレは変わらんやろ?」とマツコに目を向けると、マツコは「何言ってるのよ? つまらない親父になったじゃない。子煩悩で、収録が終わったらすぐ帰っちゃう。昔の話ですからね、この人がすごかったのは!」と矢部の変化を嘆き、「一時的な変化だと言ってるけど、もう当分は平和ボケだぞ。どうせならこれを貫き通してもらって、新しい矢部浩之を出してもらいたい」と心中を明かした。

PICK UP