フジテレビが次世代の歌姫コンテストを開催!一般応募がスタート

フジテレビが新世代の歌姫を発掘するビッグプロジェクト『N0.1歌姫決定戦~第一回夢のステージで歌えるコンテスト~』の開催を発表。1年の歳月をかけて審査を行い、最終審査の模様を同局で放送することがわかった。

同コンテストを盛り上げるのは、営業部長の東野幸治、広報課長の山里亮太、そして、サポーターの元NMB48の山田菜々の3人。東野は「僕は営業部長、山里は広報課長、そして山田は、アイドルの経験があるからこそ歌姫を目指す子たちにとって保健の先生のようなサポートをしてほしいですね! 夢のステージになるよう我々も1年間通してがんばっていきます」と意気込みを語り、山里は「興味があっても、まだまだ埋もれている子は世の中にたくさんいるはず。このコンテストは、チャンスだと思うのでぜひ応募してほしいです。アイドルグループに所属していていても大歓迎!! たくさんの方々の応募を待っています!!」と参加を求めた。そして、山田は「自分自身の経験を思い出しながら、みなさんの“夢をかなえたい”という気持ちに心身ともに寄り添ってサポートしていけるようにがんばります」とメッセージをおくっている。

公式ホームページでは、プロ・アマ、国籍不問で満12歳~満40歳間までの女性を条件に、応募受付けをスタート。第一次審査を通過者は、8月下旬にフジテレビの夏イベント『お台場夢大陸』にてお披露目される予定だ。その後も、審査の途中経過は、インターネット上に動画でアップされていくほか、BSスカパー『KawaiianTV』でも放送される予定となっている。また「新世代の歌姫を選ぶのもアナタ」をコンセプトに掲げており、ユーザーも審査に参加できる模様。どのような企画が用意されているのかは今後発表される。“歌姫の称号”“ソロコンサート”“賞金”をめぐる熱い戦いに注目だ。

PICK UP