超特急・タカシ、本人役で連ドラ初出演に「緊張で全て吹っ飛んだ」

ももいろクローバーZの弟分として注目を集めるメーンダンサー&バックボーカルグループ・超特急が、6月10日放送のドラマ『心がポキッとね』(フジテレビ系列、毎週水曜22:00~)に、本人役でゲスト出演することが決定。超特急のタカシがコメントを発表した。

“キレちゃった男・小島春太(阿部サダヲ)”、“ストーカー女・葉山みやこ(水原希子)”、“悩みがないことが悩みの男・大竹心(藤木直人)”、“いい歳して自分探し女・鴨田静(山口智子)”という、過去の失敗を引きずり、うまく生きられずにいた病んでるオトナたちが、新たな一歩を踏み出すまでを軽妙に描くラブコメディー『心がポキッとね』。超特急は、無気力でめんどくさがりのパート・庄司加代子(池津祥子)が、超特急の追っかけで、中でもタカシに人生をかけ、お金を注ぎ込んでいるという設定で登場。これまで名前だけの出演だった。

そんなタカシが、ついに連続ドラマ初出演を果たす。タカシは「自分自身の役なので、楽にできるんじゃないか、と思っていたんですが、そこが逆に難しかった」と言い、「緊張で全て吹っ飛んでしまって、“俺は普段どういう風に振る舞っていたんだったっけ?”という風に迷ってしまった(笑)」と撮影を振り返った。また、「自分の思っていることや演技プランがおかしいなと思ったときに、監督さんからアドバイスをもらって、“あ、そういうところまで見てくれているんだ”と思ってうれしかったです」と話した。

また、本作への出演を自身のブログに書かれた8号車(超特急のファンのこと)のコメントで知ったというタカシ。「“タカシの名前が出てるよ!”って教えてもらって。そこで録画していたものを見て、“なんで!?”と思いました」と素直な心境を明かし、加代子のシーンについても「グッズとかも、ツアーとかに来てもらわないと手に入らないものとかが映っていて、むちゃくちゃうれしい気持ちが8割と、驚きで何も言えないっていうのが2割という感じでした」と話した。そして台本をはじめて見た時は、「自分の名前があったときには何事かと思いました。メンバー全員の名前が載っていたので、自分だけセリフもあったので、焦りましたね」とコメントしている。

最後にタカシは、「『心がポキッとね』に、はじめは名前だけの出演で、ちょっとずつ出させてもらって、とってもうれしかったんですけど、とうとう、本人が出ることになりました! どういう風に超特急が登場するのか、そして、タカシがどう演じているのかにも注目していただきつつ見ていただければうれしいです」とメッセージをおくっている。