本田翼が月9初ヒロインで福士蒼汰と恋仲、番組Pが起用理由を明かす

女優の本田翼が、福士蒼汰主演で7月にスタートするドラマ『恋仲』(フジテレビ系列、毎週月曜21:00~)で、月9初ヒロインを務めることが決定。福士演じる三浦葵が恋い焦がれる幼なじみ・芹沢あかりを演じることがわかった。月9初ヒロインについて本田は、「プレッシャーを感じました。けれども、やはり心からうれしかったです」と大役への起用を喜んだ。

本作は、ひとりの恋する青年がひたむきに汗をかき、悩みながらも成長していく姿を描いた、さわやかなラブストーリー。建築家を目指して上京した葵が、初恋の幼なじみと運命の再会を果たし、恋敵にしてかつての親友・アオイとの複雑な友情をはらませつつも、本当の恋をつかんでいく。これまで月9が培ってきたイメージにぴったりの、ど真ん中の恋物語が展開される。

本田は「台本を読んだ時に、胸が、ときめいてしまいました」と語り、演じるあかりについて「暗い過去を持っているのですが、それでも明るくふるまっていたりして、応援したくなるような女の子」と印象を話した。また、「福士さんがちょっとナヨっとした優柔不断な男の子を演じるのは、初めて拝見することになるので、それがとても楽しみ」と、共演を楽しみにしている様子。一方の福士は、「本田さんの明るい性格とか無邪気な笑顔とかが、この作品のヒロインにぴったり」と語り、「本田さんは一度共演しているので、現場でもすんなり意気投合できると思います。それに、やはり夏なので、思いっきり楽しく撮影できたらいいなと思います」と撮影を待ち望んだ。

フジテレビの藤野良太プロデューサーは、本田の起用について「“芹沢あかり”は最初から本田翼さんをイメージしてキャラクターをつくった」と語り、「本田さんのスマイル力は二人のアオイだけでなく、日本中を魅了すると思います」と期待を寄せた。さらに藤野は「ラブストーリーは主人公とヒロインの掛け合いがすべて。つまり、福士さんと本田さんの相性がこのドラマの命運を決めます(笑)」とコメント。「福士さん演じる葵が少し優柔不断で、本田さん演じるあかりが強気なキャラ。ポスター撮影の風景を見ながら、“きっとこの二人は、小さな頃からささいなことでケンカしては仲直りを繰り返してきたんだな”と想像することができ、“こんな幼なじみがいたら良かった”と憧れてしまう二人になると思います」と、二人の起用に対する手応えを語った。

また、脇を固める共演者も決定。男手ひとつで娘・あかりを育ててきたシングルファーザーで、やがて主人公・葵と思わぬところで再会することになる芹沢寛利を小林薫。葵の務める建築事務所の敏腕女社長で、常に葵に試練を与え続ける建築士・丹羽万里子を吉田羊。その万里子の片腕で、職場における葵の兄貴分となる磯原新一を永井大。そして、あかりのルームメートで誰よりもあかりの気持ちを理解する親友・高梨恵里香をアジアンの馬場園梓が演じる。