藤原紀香、“わだかまり”を抱える父の言葉に号泣

女優の藤原紀香が、フジテレビ系列で5月29日21時より放送する『バナナマンの決断は金曜日!』に出演。20年にわたる“わだかまり”を抱えている父親と、腹を割って話しあう様子に密着した。

今回、紀香は、おそらく人生で初めて父・一馬さんと2人きりで食事をすることに。すると「早よ嫁に行きーや!」といきなり本音を切り出す父。それに対し紀香は「ほら、いろんなことあって、すごい心配かけたなと思っているから……」と、結婚に対する複雑な思いを打ち明ける。そして、父からの“ある言葉”を聞いて、紀香は人目もはばからず号泣する……。果たして、紀香は父との“わだかまり”を解消することは出来るのか? スタジオでVTRを見たMCのバナナマンは、「よくカメラの前で、この話をしてくれたね!」と、赤裸々な会話の内容に驚く。

また、紀香は中学・高校時代を過ごした母校を訪問し、恩師と25年ぶりに再会。そして、バスケットボール部の後輩たちと共に久々の試合で汗を流す。また、現役学生たちとの交流で飛び出した「恋をしていますか?」というストレートな質問に、紀香は何と答えるのか? さらに「理想のスタイルの女性有名人」第1位に君臨している現在43歳の紀香が、実践している数々の美容法をすべて公開する。

そのほか、番組は濱田岳、ローラ、森星の“人生の決断”に密着。濱田は、人生を変えた主演映画「アヒルと鴨のコインロッカー」のロケ地だった仙台を訪れ、恩師に“ある重大なこと”を伝える。そして、ローラは、京都にある老舗豆腐店に行き、大豆からの豆腐作りに挑戦、驚きの料理の腕前を見せる。最後に、ファッションモデルの森星は、ファッション雑誌「ヌメロ・トーキョー」の裏方の仕事に挑戦する。新人エディターとして誌面作りを体験するが、裏方の仕事の厳しさを痛感。さらに、ファッションデザイナー・森英恵を祖母に持ち、個性的な兄弟たちの中で自分らしさを出せない葛藤や、表に出る仕事への不安など、現在抱えている悩みを打ち明ける。