忍者研究の第一人者、作家の多田容子が小学生に忍術指導!?

5月29日の『課外授業 ようこそ先輩』(Eテレ 毎週金曜 19時25分~19時48分)に、作家で古武術応用研究家の多田容子が登場する。

幼い頃から忍者に憧れ、その生き方に魅了されたという多田。ついには忍者の里・伊賀に住み小説を書くに至った。居合道三段。柳生新陰流兵法、手裏剣術も嗜み、忍者研究の第一人者として知られる多田がおこなおうとした授業は?

いざ、授業が始まったが、先生はいっこうに来ない……。教壇にはひとつの箱が置かれたままで、こどもたちが「何だろう?」とじっと見ていると、先生が突然背後に現れた!

「忍者は相手のウラをとるのです」これが第一声だった。忍者は戦が有利になるように情報を収集する。その為にはどんなことでも対応せねば。「臨機応変」、これが本日のテーマだ。