筧美和子「私を助けて!」、渋谷の地下迷路に監禁!?

モデルの筧美和子が、5月22日(金)より全国公開となるサバイバル・アクション大作『メイズ・ランナー』のPRのため、5月18日(月)~24日(日)までの7日間、渋谷の仮想迷路に閉じ込められ、毎日脱出を試みる企画が実施されることがわかった。

今回、配給元の20世紀フォックス映画が、MTVムービー・アワード2015でも3部門受賞を果たした本作に相応しいキャスティングとして筧にオファーをし、企画が実現。一大ムーブメントを巻き起こしたCX番組『テラスハウス』では、抜群のプロポーションとスポーツ万能の才を持ち、日本中の若者の圧倒的な支持を受けた彼女が、まるで“地下迷宮”と話題の渋谷駅の地下を舞台に登場する。

東横線渋谷駅ヒカリエ改札前に、7つの柱×4面=28面で展開されるデジタルサイネージで謎の仮想迷路が表現され、その日本初となる28面のサイネージを連動させて、出口を探す筧が、選ばれしランナーとして縦横無尽に駆け抜ける。筧を導く手助けとなるキーマンは、twitterアカウントを持つ一般ユーザー。公式WEBサイト上でもダイジェスト版映像がアップされ、実施期間中に「#筧美和子、脱出」でツイートすることで彼女の脱出を手助けできるものとなっている。

この企画の為に、本格的でリアルなセットを組み、迷路にさまよう様子を長時間に渡って何パターンも撮影した筧。女優としても活躍する筧は、監督と多くのスタッフとの共同作業で、この前代未聞の企画を実現させた。この企画について、筧は、「こんな大掛かりな撮影は初めてだったので、とても新鮮で楽しめました。そして言葉もなく表情だけで過酷な状況が伝わるようにするのが難しかったです。様々なパターンで撮影をしたので楽しみにして下さい。そして皆さんの協力で、私を助けて欲しいです!」とコメント。そして本作の見どころについては、「究極のサバイバル・アクションと、衝撃のクライマックスが待っている映画! 記憶を無くした主人公たちが、謎を解きながら、迷路の中をさまよって、そこから脱出する展開にハラハラドキドキ。新しい体感型エンターテイメントだと思いました。ぜひ劇場まで足を運んでください!」と熱烈にアピールしている。

『メイズ・ランナー』は、“動く巨大迷路”が舞台。主人公のトーマスは、他のキャラクターたちと同じ、記憶を失くした状態でそそり立つコンクリートの壁に囲まれた広場に送り込まれる。その壁の向こうにあるのが、謎に包まれた“動く巨大迷路”。迷路の扉は朝になると開き、夜になると閉じる。夜の間に迷路は構造を変え、二度と同じ道順は出現しない。突如送り込まれた巨大迷路から脱出するため、ランナーとして謎を解きながら迷路の正体を探り、極限の知力・体力で駆け抜ける。

【ストーリー】高い壁に囲まれた巨大な迷路は、朝になると扉が開き、夜が訪れる前に扉は閉じられる。夜の間、迷路はその構造を変化させ、二度と同じ道順は出現しない。迷路に囲まれたエリアには、月に一度、生活物資とともに新しい“ランナー”が送り込まれてくる。記憶を失い、かろうじて自分の名前だけを思い出すランナーたちは、コミュニティを形成。選ばれた数名が迷路の構造を調べ、この地からの脱出法を探す。迷路の扉が閉まる夜までに戻らなければ、ランナーに命の保証はない。迷路に隠された秘密とは?そしてランナーたちの運命は?あらゆる予想を超えた衝撃のクライマックスが待っている……。

PICK UP