じゅんいちダビッドソン&遠藤保仁が対談、本田圭佑との名シーンを完全再現

ひとり芸N0.1を決める「R-1ぐらんぷり2015」優勝者へのご褒美番組『R-1ぐらんぷり2015優勝者特番 じゅんいちダビッドソンのミラノで伸びシロ見つけました』(関西テレビ・フジテレビ系列、5月17日24:45~)で、じゅんいちダビッドソンとサッカー日本代表の遠藤保仁の対談が実現。じゅんいちがモノマネをする本田圭佑の秘密を聞き出すべく、4月中旬に遠藤が所属するJリーグ・ガンバ大阪のクラブハウス(大阪府吹田市)を訪れたことがわかった。

日本サッカー界のスーパースターとの対談を前に、緊張の面持ちのじゅんいち。一方の遠藤はそんな空気を察したのかは「おう! 圭佑!」とノリノリで登場し、場の空気を和ませてくれる。そして、じゅんいちが本田のモノマネを披露するなどして盛り上げていくと、「遠藤と本田はプライベートでどのような会話をしているのか」と本題へ。すると遠藤は、お笑いについてよく話し、じゅんいちのことは日本代表でも話題になっていることを明かし、「その時、圭佑はネタを実際に見たことないって言ってたけど、僕らは絶賛してたんで。そのあとYouTubeとかで見たと思いますけどね。似てるって言ってたと思う」と、うれしいコメントが飛び出す。じゅんいちは「インタビューとか見てモノマネしてるんですが、普段から、あんな感じなんですか?」と聞くと、遠藤は「普段はもうちょっとフランクですけど、でも考えとかは、ほんと、あのまんまですね」と語った。

本田のことを聞き出していく中、じゅんいちは以前から聞きたかったという「フリーキックを蹴る前の会話」について尋ねる。すると遠藤は「まず、どっちが蹴るかですね。壁が出来上がるまではあまりしゃべらない。壁が出来上がった時にどっちが蹴るか? 壁が甘かったら甘いんでオレ行くわ。きついから圭佑いってみたいな」と語り、さらにワールドカップのデンマーク戦の時について「“オレ、これ決まったらCM来るかな?”とか話してました。でも、決めたけどCM来なかったですわ(笑)」と、日本中が固唾をのんで見守ったあのシーンの意外な裏側を明かしてくれた。さらに、じゅんいちは、「フリーキックのシーンを遠藤さんとやりたいんです!」と頼むと、遠藤は「いいですよ!」と快諾。記憶に残るあの名シーンの完全再現は必見だ。

ロケを終えた、じゅんいちダビッドソンは、「緊張しました。すごく良い人で良かったです。まさか遠藤さんの前でネタをやるとは思わなかったですね。本田選手の話や秘密も聞けたし、ミラノで活かしたいと思います。これは貴重です。なかなか本物と偽物で再現やるってないですよ! 遠藤さんも他の代表の方もお笑い好きっていうことも知れて、僕のことも知っていてくれたみたいでうれしかったですね」と、この日の対談を振り返った。

番組では、じゅんいちダビッドソンが、本田が拠点を置くイタリア・ミラノに飛び、本田選手ゆかりの場所を巡り、伝統のミラノダービーも観戦など、同行する前園真聖とミラノで珍道中を繰り広げる。R-1優勝後、「本田選手に感謝の思いを伝えたい」と語っていた、じゅんいちの願いが叶うのか注目だ。