「DOCUMENTARY of 乃木坂46(仮)」の初日決定!キービジュアルも発表に

5月の公開予定であった乃木坂46初のドキュメンタリー映画の公開日が延期となることが発表された。正式な公開日は、7月10日(金)となり、タイトルが『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』に決まったことも同時に発表となった。

結成3周年を迎え、着実に知名度をあげてきた美少女アイドルグループ・乃木坂46だが、今までその舞台裏の姿はほとんど表には出されてこなかったため、まさに待望のドキュメンタリー映画である。

延期の理由を配給会社の東宝映像事業部、古澤佳寛氏は「当初5月中旬ごろの公開で準備を進めておりましたが、新たに追加取材したい人たちがおり、今なお撮影も続けていることから、関係各社と協議した結果、作品のクオリティーをより高めてほしいとの願いをこめて、公開の延期を決定いたしました」とコメントしている。

さらに今回、キービジュアルも解禁。メンバーそれぞれがインタビュー中に魅せた自然体で透き通るような表情ばかりを集めた爽やかなビジュアルとなっている。

監督を務めるのは、乃木坂46の1stから10thシングルまで10作連続で収録曲のMVを手掛けてきた丸山健志。デビュー当時から見守ってきた監督の前で、どこまで素顔をさらけだすのか。内容も舞台裏のメンバーの姿はもちろんだが、メンバーらの密着インタビューに加え、幼少時代から寄り添ってきた母親らにも取材を重ねながら紐解いていくという。7月10日の公開に期待が高まる。

■『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』
2015年7月10日(金)公開  
企画:秋元康  出演:乃木坂46  上映時間:未定
©2015「DOCUMENTARY of 乃木坂46」製作委員会

PICK UP