有吉弘行、『おーい!ひろいき村』で加藤綾子アナとタッグも「まだ合わない(笑)」

有吉弘行がMCを務め、フジテレビの月曜深夜に放送し好評を博している『おーい!ひろいき村』が、ゴールデンタイムにお引っ越し。4月11日(土)19時から2時間スペシャルでスタートする。

番組では、日本全国に存在するさまざまな市町村、地方自治体の活動を盛り上げるべく、芸能人が体を張ってさまざまな過酷な企画に挑戦。日本人が忘れがちになっている文化や風習を学びながら、そのHOW TOを伝え、“ニッポン”を元気にしていく番組を目指す。初回は深夜から続く人気企画「シンクロナイズドスイミング」と「ドミノ」を放送する。

同局のゴールデン帯で初MCを担当する有吉は、初回収録を終え「深夜にみんなでクスクス笑って見ようかなっていう番組がゴールデンに来たことに戸惑いがある」と語り、過酷な企画に挑戦する番組内容について「もともと過酷なロケをずっとやっていたので、みんなの辛さは充分わかるから大変だなと。でも、それが報われるとも思わない(笑)」とコメント。この日のVTRについても「面白いことをやらなくても真面目な奴が偉い」と述べ、ドミノ企画に挑んだアンガールズの山根の名前をあげると「2分くらい画面に出てるのかな? それならやりたくないという芸人が多いですが黙々とやっていた。……って、芸人の評価じゃないですね」と言って笑っていた。

また、新たにアシスタントに就いた加藤綾子アナウンサーの印象を聞かれると、有吉は「ハッキリ言えばまだ合わないですよね。三田さんと一緒に頑張ってきたから(笑)」と毒づき、それを聞いた加藤アナは「初めて『カトパン』でご一緒させていただいたときは“3割引きの女”とあだ名を付けられて、恐いなという印象でした(笑)」とコメント。さらに当時を振り返り「何物入りでやってきた感じだったけど、それほどじゃなかった」と言う有吉に対して、加藤は「今なら穏やかにうまくやっていけそうです」と笑顔で返し、有吉とのタッグを楽しんでいた。