戸田恵梨香VS松坂桃李、ウソつきはどっち?心理カウンセラーに本心を暴かれる

女優の戸田恵梨香と俳優の松坂桃李が26日、都内で行われた映画『エイプリルフールズ』(4月1日公開)の公開直前イベントに出席。二人のトークの様子を心理カウンセラーが客席から抜き打ちチェックし、どちらがよりウソつきかを判定した。

本作は、人気ドラマシリーズ『リーガルハイ』の監督・石川淳一と脚本・古沢良太が再びコンビを組んで制作する完全オリジナルストーリーの劇場作品。4月1日(エイプリルフール)を舞台に、登場人物たちのついたちょっとしたウソによって生まれた複数のエピソードが複雑かつ軽快に絡み合いながら紡がれていく、愛とユーモアが散りばめられた、笑って泣けるエンターテインメント超大作だ。

この日のイベントでは、戸田と松坂に聞きたいことを観客の中から募集。「一緒に仕事していて気付いたことがあるか」と聞かれると、戸田は「松坂さんがギャップの塊なんです。一緒にバラエティ番組に出たときちょうどバレンタインデーだったので、何かあげようと思ったんです。双眼鏡が好きだと知ったんですが、結構ガチなやつが好きだと聞いてあげなくて良かった(笑)」と話し、「好青年の役が多いので、そういうイメージがあると思うんですが、漫画が大好きだったり実はオタク気質ですよね(笑)」と松坂の印象を語った。

一方、松坂は戸田について、「良いところ悪いところも含めてよく笑うことです。監督に呼ばれて、別の映画の完成披露に密かに行ったんです。そうしたら、戸田さんと大泉洋さんとかがいて、戸田さんが突然笑い出して、結果、質問とは関係ないことを答えて脱線してましたよね。舞台あいさつ自体は面白かったんですが、それを見るまでは戸田さんの笑うところはステキだなと思っていたんですが、笑いすぎるのも良くないんだなって思いました(笑)」とチクリ。それに対して戸田は、「あれは確実に大泉さんが狙っていたんです。お客さんにはわからないように変な顔してじっと私のことを見ていたんですよ。それが本当におかしくて笑っちゃったんです。でも、1分半くらい笑っていたらしくて、さすがにあれは反省しました」と笑顔で答えていた。

一通りトークを終えると、客席の中に心理カウンセラーがいて、二人のうちどちらがウソつきなのか観察していたことが明かされた。戸田が「ヤバーーーイ! 私そういうの大好きです!!」と目を輝かせていると、心理カウンセラーの春香葉子さんが壇上に登場。まず、戸田について「質問されるとクリクリって黒目が上を向くんです。何て答えようかなって考えるのではなくて、私これまでどうしていたかなと、正直な思いをあまり深く考えずに喋っている。松坂さんから戸田さんへの話を聞いているときも、肩の力を抜いていて、リラックスして楽しんでいました」と分析。一方、松坂については「本心が見破られたくないときの防衛行動がありました。戸田さんが松坂さんのことを話すと、腕を組んだり、ちょっと背が伸びたりする。きっと、今まで色々なイベントをしてきて、今回は何を言われちゃうんだろうって思われたのかもしれないですね。あと、矛盾行動がありました。今回の役はユニークな役ですが、その話題になると困ったなという感じを出しつつ、口角は上がっていてまんざらでもないようでした(笑)」と語り、それを聞いた戸田や観客は爆笑。ウソつきなのは松坂と判定した。

イベントの最後には、戸田は「ウソがテーマのお話ですが、ウソだけなく、人の弱さやダメなところ、そういう個性があって良いんだということ、だから人は美しいんだよね。というメッセージがあると思っています」と語り、松坂は、「良いウソ、ステキなウソは存在するんだということを、映画の感想に皆様なりのウソを味付けして伝えて頂ければ嬉しいです」と、それぞれが作品をアピールした。

PICK UP