松井秀喜が「5打席連続敬遠」をめぐる心境を高校野球100年特番で吐露

大正4年に旧制中学の全国大会が始まって今年で100年。NHKは、3月から8月にかけて高校野球をテーマにした様々な番組を放送したり、専用のホームページ「高校野球100年のものがたり」を開設。キャンペーンの“開幕試合”として、3月23日(月)にNHK総合で19時30分から特別番組『高校野球100年 あの感動シーンを熱球トーク!』が放送される。

球史に残る名勝負やスター選手たちのお宝映像をもとに「怪物」「運命の一球」「初めての◯◯」などのテーマで熱く語りあう同番組。高校野球を心から愛する9人の出演者がアツく語り合う。

松坂大輔の伝説の大逆転劇や、衝撃的な豪速球で度肝を抜いた江川卓、史上最強コンビと呼ばれた桑田真澄・清原和博のKKコンビなど、甲子園のスーパースターたちの蔵出し映像やとっておきエピソードを、次々と披露。そして、松井秀喜の「5打席連続敬遠」にも迫る。センバツの豪快なホームランで、ゴジラと名付けられた松井秀喜選手が5打席連続で敬遠された一件だ。これは世間に「高校生らしい野球とは?」と波紋を投げかけた試合であった。

さらには、王貞治の東京駅からの優勝パレード、東洋一とたたえられた完成直後の甲子園球場など、NHKアーカイブスに眠っていた「お宝映像」も公開。ほかにも、実況のベテランが明かす舞台裏や応援団をめぐる仰天エピソードなど、高校野球の魅力をとことん味わえる甲子園史の決定版ともいえるスポーツエンターテインメントだ。

【出演者】
MC:関根勤、廣瀬智美(ニュースウオッチ9キャスター)
パネラー:徳光和夫、水野雄仁、元木大介、松村邦洋、渡部建、片岡安祐実
小野塚康之(NHK実況アナウンサー)