きゃりーの隣にモッズコート?『問題のあるレストラン』最終回の気になるシーン画像

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが、自身が主題歌「もんだいガール」を歌うドラマ『問題のあるレストラン』(フジテレビ系列、毎週木曜22:00)の最終回(3月19日放送)に出演。そのシーン画像が公開され、その中に気になる1枚が発見された。

きゃりーが登場するのは、主人公たちが経営するレストラン「ビストロ・フー」に客としてやって来て、ひょんなことから真木よう子演じるたま子ら店員と一緒に、コップを打楽器にするリズム・パフォーマンス“CUPS”をやり始めるというシーン。

以前放送された「めざましテレビ」の中できゃりーの登場シーンが公開され、その中にモッズコートが映り込んでいるのを発見した一部視聴者の間で「まさか、あの人と来店したのか?」と話題となっている。今回、その時の映像とは違うものだが、同じシーンの中で真木ときゃりーが乾杯する画像が公開され、その右下に噂のモッズコードが僅かだが映り込んでいる。きゃりーは誰と来店したのか? その真偽が明らかになるのか注目だ。

初のドラマ収録ということで、緊張した面持ちで現場に登場したきゃりーだが、同世代の二階堂ふみを始め、気さくでにぎやかな「ビストロ・フー」のメンバーたちともすぐに打ち解け、芝居の返し稽古にも積極的に参加。本番でNGが出てしまった際には、真木とYOUがきゃりーぱみゅぱみゅのヒット曲「PON PON PON」の一節を歌って、緊張を解くなど和気藹々と撮影は進んだ。きゃりーは撮影を振り返り、「めちゃくちゃ緊張しました。ドラマの現場には慣れてないし、歌の時よりも緊張したくらいです。(最終的に)OKカットだったのですが、自分の中では手の動きとか難しくて、ちょっと問題あったかもしれないです」とコメントしている。