杏&長谷川博己が『デート』イベントで赤レンガ倉庫にメッセージを投影

女優の杏と俳優の長谷川博己が14日、横浜赤レンガ倉庫で行われたフジテレビ系列のドラマ『デート ~恋とはどんなものかしら~』(毎週月曜21:00~)のバレンタイン特別企画レーザーマッピングショーに登場した。

この日、ドラマのロケ地となっている横浜に感謝の思いを伝えるべくTHANKSイベントを実施。赤レンガ倉庫の壁面に、杏と長谷川がそれぞれ考えた「3.14もおわすれなく (YY)」(杏)と「ラブ&ピース」(長谷川)のメッセージをレーザーマッピングで投影した。

杏は、メッセージにこめた意味について、「YYは役名の藪下依子のイニシャルにしました。あと3.14はホワイトデーということで女性的なメッセージかつ、藪下的に円周率の意味もあります(笑)」と明かすと、集まった観客から感嘆の声がもれた。対する長谷川は「そんな深い意味ないですよ」と照れながら、「急に昨夜言われて考えました。このご時勢一番大事なことです」とコメント。さらに「でも、2月16日放送の第5話で『ラブ&ピース』の意味もわかります」と明かし、ドラマをアピールした。

また、イベントでは二人のバレンタインデーエピソードも披露。長谷川は、「僕は男子校だったのでもらうことがなかったのですが、中学校くらいのころにバレンタインデーに声をかけられて、“そんなわけない”と思って走って逃げたことがあります(笑)」と話し、杏は「中学生のころ、女子のお弁当グループで似顔絵クッキーをチョコとプレーンの生地で作ってあげました。今思えば自分の顔を食べるのでシュールですね。作っている自分が一番楽しかったのかも(笑)」と、それぞれが思い出を明かしていた。

最後に杏は、「第5話では急展開を迎えます。愛するべきキャラクターが動いていく後半戦が始まりますので、どうぞこれからもお付き合いください」とメッセージをおくった。

PICK UP