「フジテレビオンデマンド」約1万タイトル、4万冊超の電子コミック配信をスタート

フジテレビの地上波やCS放送の番組を中心に、ドラマ、バラエティ、スポーツ、映画など1万本以上の動画コンテンツを配信している動画配信サービス「フジテレビオンデマンド」にて、「信長協奏曲」や「のだめカンタービレ」など約1万タイトル、約4万冊超の電子コミックの配信サービスを2月2日よりスタートした。フジテレビは「電子コミックが加わることで、原作のコミックが気になったらその場で購入することが可能になり、さらにその作品の世界観を深く知ることができるなど、ユーザーの利便性や満足度向上がはかれる」としている。

電子コミックは、動画コンテンツと同様に会員登録後ポイントを購入し、そのポイントを消費してコミックを購入する。PC、スマートフォン、タブレットなどマルチデバイスに対応しており、同一の端末であれば、読んだページを記録する“しおり機能”を使うことができる。また、WEBブラウザをビューアとして使用するため、端末の残りストレージを気にすることなく閲覧することができる。その反面、オンライン接続が必要なので、Wi-Fi環境でタブレットにダウンロードして、オフラインで持ち歩くなどの使用を考えている場合は注意が必要だ。

現在、新サービスでは「ONE PIECE」、「ドラゴンボール」、「PSYCHO-PASS サイコパス」など6タイトルの特集ページを展開している。さらに番組連動企画としてマンガ大好き芸人ケンドーコバヤシが漫画家と濃すぎる対談を繰り広げ、出版社を探訪する漫画専門番組『漫道コバヤシ』(CS放送・フジテレビONE)とのコレボレーションを実施。昨年1月に放送された「漫道コバヤシ漫画大賞2013」で受賞した9作品を紹介している。

PICK UP