E-girlsのAmi「渾身の“うふ”をお楽しみに」声優初挑戦で『ちびまる子ちゃん』25周年SPに出演

今年1月に放送25周年を迎えたフジテレビの人気アニメ『ちびまる子ちゃん』が、1月25日に『ちびまる子ちゃん アニメ25周年記念~旅は道連れ、苦あれば楽あり美味もありスペシャル』を放送。その番組案内役として主題歌「おどるポンポコリン」を歌うE-girlsのAmiが本人役で登場することが決定し、先日収録が行われた。

声優初挑戦のAmiが登場するのは番組冒頭のコーナーで、さくら家と一緒にスペシャルのみどころを本人役で紹介するという役回り。収録当日は何度も台本を読んでセリフを確認し、いざ収録スタジオに足を踏み入れると「こんな広いところでやっているんですね!」と普段の楽曲のレコーディングとの違いに驚いた様子。さらに、まる子役のTARAKOもスタジオ入りすると、Amiのすぐそばで収録を見守るという状況になり、Amiは「TARAKOさんがいらしてビックリしましたし、すごく緊張しました」と語りつつも「“こんにちは”と挨拶を交わした瞬間に“あー、まるちゃんだぁ!”と思ってテンションが一気に上がりました!」と、スタジオ収録を楽しんだ様子。

また、収録スタート時は音響監督から、アフレコをする際の台本の持ち方や位置、「気持ちを込めてせりふを言おう!」などいくつかの指示を受けるとすぐに理解し、苦労するかと思われたまる子と一緒に言うタイトルコールでは、TARAKOから話すテンポのアドバイスを受け、3回のテイクでOKをもらうなど対応能力の高さ見せた。途中、監督から「“うふ!”をいれてみよう」という指示が出ると、難しいアニメならではのセリフもごく自然に対応し、音響監督は「直すところがほとんどない!」と太鼓判。このシーンについてAmiは、「アニメならではの普段の生活では言わない吐息とかをメンバー同士で言い合う遊びをしたことがあったので、その経験が生かされる時がきました。渾身の“うふ”を言ったので楽しみにしていてください」とアピールした。

初のアフレコについてAmiは、「まるちゃんが“Amiちゃん”とか言ってくれているのがすごいなと思いましたし、終始感動のひとときでした」と語り、「私自身もすごく面白かったですし、テレビで見るのも楽しみです。『ちびまる子ちゃん』のオープニングテーマをE-girlsとしてもやらせていただいている縁もありますし、これからもっともっと『ちびまる子ちゃん』を盛り上げていけるように頑張っていきたいと思っています」とコメントしている。

■『ちびまる子ちゃん アニメ25周年記念 ~旅は道連れ、苦あれば楽あり美味もありスペシャル』
2015年1月25日(日)18:00~19:00(フジテレビ系列)