『約束』横山裕“香坂”、暴走する中村アン“葵”に寄り添う…高まるバディ感に感動【ネタバレあり】

公開: 更新:
『約束』横山裕“香坂”、暴走する中村アン“葵”に寄り添う…高まるバディ感に感動【ネタバレあり】
「約束 ~16年目の真実~」を見る

中村アン主演、横山裕SUPER EIGHT)が共演するプラチナイト木曜ドラマ『約束~16年目の真実~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第6話が5月16日に放送。ネット上では、バディ感を感じる桐生葵(中村)と香坂慧(横山)のやりとりに多くのコメントが集まった​​(以下、ネタバレが含まれます)。

16年前と同じ場所で、口にビー玉を詰められた女性の遺体が発見された。被害者は、半年前から望野町に住む和田瑠璃(原田えりか)。彼女が最後に電話をしたのが、葵の高校時代の同級生・飛鳥桃(織田梨沙)だった。

事情聴取で瑠璃とは親交がなかったと嘘をついたこと、速水家の裏庭で白骨した遺体が発見されたが、桃がその庭を手入れしていたことなど、葵の中ですべてのピースがハマった。

桃を逮捕しようと彼女のもとへ向かうが、香坂が「すべて状況証拠にすぎません」と止める。それでも葵は「香坂さんはどうして刑事になったんですか? 私は真実を掴みたくて刑事になりました。刑事は人を疑うことでしか真実に辿りつきません」と、桃が営む店に入った。そこで、新たな証拠を掴み、彼女に手錠をかけた。しかし、別の目撃証言があって桃は釈放となった。

始末書を書く葵。「私も止めませんでしたから。連帯責任です」と香坂も始末書を書く。彼は「人に信じてもらいたくて刑事になりました。知識だけで人を動かすには限界があったから」と述べて……。

ネット上では、香坂と葵のやりとりに「バディ感(が出てきた)」「(葵が)暴走気味」「(始末書を一緒に書いて)優しい」とのコメントがあった。

次回は5月23日に放送。捜査本部は、天草勇樹(森永悠希)をマークする。

現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1〜3話、前半ダイジェストが配信中。