松本まりか主演『ミス・ターゲット』第1話のTVer再生数が100万回を突破!

公開:
「ミス・ターゲット 第1話 結婚詐欺師、婚活する」を見る(配信終了まで1週間以上)

松本まりかが主演を務める『ミス・ターゲット』(日本テレビ系、毎週土曜21:00~)。このほど、4月21日に放送された第1話の民放公式テレビ配信サービス「TVer」の再生数が、100万回を突破した(ビデオリサーチの速報データ)。

同ドラマは、さまざまな男を手玉に取ってきた百戦錬磨の女性結婚詐欺師・朝倉すみれ(松本)が、本気の婚活に乗り出すエンタメラブストーリー。政池洋佑のオリジナル脚本。

第1話では、数々の男を手玉に取ってきた結婚詐欺師・すみれは、悪事で荒稼ぎする男たちにターゲットを絞り、騙される側にもやましいことがあるため捜査の手が及ばないことから、狙った「的」を決して逃さない“ミス・ターゲット”として暗躍。すみれの目下の標的は、闇金業者の轟武蔵(八嶋智人)。架空の人物“奈々”になりきったすみれは、華麗なる一撃でまんまと大金の巻き上げに成功。そんな中、今のすみれと同じ年齢で亡くなった母の命日を迎えたすみれは、突如、結婚詐欺師の廃業を決意。本気の婚活に打って出て、金持ちの結婚相手をゲットすると宣言し……。ネット上では、詐欺を働くため七変化するすみれについて「(結婚詐欺師役が)ハマり役」「美しい」「魅力的」とのコメントがあがっていた。

次回第3話は、5月5日に放送。村松宗春(上杉柊平)の父が、馬淵弥生(筒井真理子)から警告されていた刑事の竜太郎(沢村一樹)だと気づいたすみれは、「大嫌い」の言葉を残し宗春の元を去っていく。