高橋海人“秋久”、中川大志“翔”の自宅に招かれ…プールシーンに反響「水も滴るいい男」

公開:
「95|テレビ東京開局60周年連続ドラマ 第3話 ダセェ大人になるな」を見る(配信終了まで1週間以上)

高橋海人King & Prince)が主演を務めるドラマプレミア23『95(キュウゴー)』(テレ東系、毎週月曜23:06~)の第3話が4月22日に放送。ネット上では、広重秋久(高橋)と鈴木翔太郎(中川大志)のプールシーンに多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

翔たちと共に雑誌の撮影を終えた秋久。その帰り道、秋久は「今日はみんなありがとう。ひとりじゃ何もできなかった。みんながいてくれないと、どうすることもできなかった。翔の言う通り、僕は……俺は弱い自分を知りたくなくて変わることから逃げていたんだ」とポツリ。この時間が“夢みたい”と表現し、チームに入れてほしいと改めて伝えた。

秋久はチームに迎え入れてくれた翔の家に招待された。送迎の車には、彼に呼び出された岸セイラ(松本穂香)もいた。翔の自宅は豪邸で、キッチンには寿司職人が待機。秋久は衝撃を受ける。

食事をしたあと、秋久は翔と共に彼の自宅にあるプールへと入った。そこでセイラの過去を聞かされた。そんな話をしていると、セイラがプールサイドにやって来た。

秋久はこっそり、翔にセイラとの関係を聞き出そうとする。翔からの提案で、長く水中に潜った方が、セイラをデートに誘えるという勝負をした。ふたりが潜っている中、セイラは制服のままプールに飛び込んで……。

ネット上では、プールシーンに「青春」「水も滴るいい男」「美しい」​​とのコメントがあった。

次回は4月29日に放送。ある出来事に傷ついた秋久のために、翔たちチームの仲間が反撃に出る!

現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1、2話、ダイジェストが配信中。

画像ギャラリー