瀬戸利樹&久保田悠来&池田匡志、実際に「女性用風俗」でセラピスト講習を受ける!一番驚いたのは…

公開: 更新:
瀬戸利樹&久保田悠来&池田匡志、実際に「女性用風俗」でセラピスト講習を受ける!一番驚いたのは…
「買われた男」を見る

4月17日よりスタートするドラマアディクト『買われた男』(テレビ大阪・BSテレ東、毎週水曜24:00~)の記者会見が今日、都内にて開催。主演を務める瀬戸利樹をはじめ、共演者の久保田悠来池田匡志が出席し、本作ならではの撮影時の裏話などを語った。

「コミックシーモア」で連載中の人気作『買われた男~女性限定快感セラピスト~』をドラマ化した本作。「女性用風俗」を題材とした作品で、セックスレスの主婦、芸能人、女社長、風俗嬢など悩みを抱えた女性たちが店に訪れ、セラピストたちに心も体も癒されていく、デトックスヒーリングドラマとなっている。

地上波初の「女性用風俗」をテーマとしている本作。瀬戸は「女性用風俗の存在は知っていましたが、中身は知らなかったので、作品を通じて知るきっかけになりました。僕が思っている以上にセラピストは大変で、女性に対して気を使って、女性ファーストなんだと思いました」とサービスに関する印象を。そんな作品でセラピストを演じることについては、「僕は初めてのことに興味があるので、二つ返事で“やります!”と伝えました」と初挑戦への役に対して意欲を持って演じていると明かした。

瀬戸利樹
瀬戸利樹

テーマがテーマなだけあり、本作には“センシティブ”なシーンが多く登場。「僕はそういうセンシティブシーン御用達なところがありますので(笑)」と語った久保田は、セラピストを演じるにあたって実際に女性用風俗で講習を受けた際のエピソードを告白。「マッサージの手つきは講習そのもの。施術のみならず、心遣いも丁寧に教えてもらいました。それがドラマに反映できたら」と勉強になったと述べた。

一番勉強になったのは「歯ブラシに歯磨き粉を乗せておく」ということだそうで、瀬戸いわく「すぐ使えるようにブラシの中に埋め込んで、コップに立ててあげると歯磨き粉が落ちない」のだとか。さらに久保田は頑張ったことに「体作り」を挙げ、「我々も露出が増えるので、男たるもの雄々しく見せたいと、撮影前に3人で筋トレしていました」と撮影時を振り返る。しかし、実際は鎖骨から上しか映らず「無駄骨だった」と言って記者の笑いを誘った。

久保田悠来
久保田悠来

また、「センシティブシーンには初挑戦なので、期待と楽しみでいっぱいでした」と語ったのは池田。池田は瀬戸と久保田とは初共演となり、久保田については「初めて会った時に大人の色気を感じたのですが、うさ耳の帽子を被ってのオープニングの撮影でのギャップが面白くて。イケボも相まって、何を言ってもツボってしまいました」とのこと。瀬戸については「優しく話しかけていただいて、撮影現場を柔らかく和ませてくれました。オープニング撮影でピシッと止まらなきゃいけないシーンがあって、それを見事に決めていて、体幹が良い方だなと思いました」とそれぞれの印象を語った。

池田匡志
池田匡志

最後に、池田は「三者三様なセラピスト3人と女性客の世界観、空間を堪能してもらえたら嬉しい。どんなデトックスを与えるのかを楽しみにしていてください」。久保田は「ドラマを楽しんでもらうと同時に、原作と照らし合わせるとより楽しんでもらえると思います」。瀬戸は「毎話登場するゲストが演じるお客様のバックボーンや関係性がしっかりと描かれていて、女性は共感できるし、男性はセラピストを見習って“こうしたら良いかも!”と気づけると思います。たくさんの方に見ていただけるように頑張りましたので、皆さんに届いたら良いなと思います」と、それぞれ視聴者にメッセージを送っていた。

画像ギャラリー