『スナック女子にハイボールを』北香那​​“スナック女子”と山口紗弥加“ママ”のやりとりに「引き込まれた」【ネタバレあり】

公開:
「スナック女子にハイボールを 【1杯目】こじらせ女子にハイボールを 【2杯目】こじらせ女子にハイボールを おかわり」を見る(配信終了まで1週間以上)

山口紗弥加北香那​​がW主演、加納Aマッソ)​​が脚本を務める『スナック女子にハイボールを』(中京テレビほか、毎週木曜25:04〜​​)の第1話が4月4日に放送。ネット上では、登場人物のやりとりにハマる人が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

最近スナックにハマっているさつき(北)は、初めて「スナック マーガレット」​​へ。宮西部長から仕事のメッセージが来ていたが無視をした。

店に入ると、ママ(山口)や常連客の友部(浜野謙太)が出迎えてくれた。店内には、カラオケを熱唱する西山(吉見一豊)​​、カウンターには堀(加治将樹)、モンさん(Every Little Thing伊藤一朗)などもいた。

当初は緊張していたものの、ハイボールが進むにつれて開放的に。ママに仕事の愚痴をこぼす。ママは「大変よね〜」と話は聞いてくれるが、会社で働いたことがないため気持ちは分からない、とハッキリと言われた。

そんな中、再び宮西部長からメッセージが。そこで、今日が宮西部長と得意先との食事会だったことを思い出す。既読をつけてしまったので、寝ていた、ではごまかせられない。そこでモンさんが「アゴが外れた」ということにしようと提案。宮西部長とビデオ通話をするが……。

ネット上では、明るくて、優しくて、癒されるママや常連とのやりとりに「面白かった」「あたたかい」「引き込まれた」とのコメントがあった。

次回第2話は4月11日に放送。さつきは、宮西から宴会部長に任命​​される。

現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、予告編が配信中。

画像ギャラリー