松田龍平“沼倉”の前に憧れの男が現れ!?『ケンシロウによろしく』

公開: 更新:
松田龍平“沼倉”の前に憧れの男が現れ!?『ケンシロウによろしく』

松田龍平が主演を務めるドラマ『ケンシロウによろしく』(テレ東系、毎週水曜26:35~)の最終話が、3月27日に放送される。

動画配信サービス「DMM TV」にて配信中の本作は「ヤングマガジン」で連載中のジャスミン・ギュ作の同名コミックの実写ドラマ。脚本は、映画『地獄の花園』やドラマ『ブラッシュアップライフ』(日本テレビ)など次々と話題作を生み出すヒットメーカー・バカリズムが担当。さらに『地獄の花園』などでバカリズムとタッグを組み、唯一無二の世界観を映像で表現してきた関和亮が監督を務める。

松田は、復讐のために「北斗の拳」を読んで暗殺拳を学び、なぜか史上最強の凄腕マッサージ師となった主人公・沼倉孝一を演じる。そんな沼倉の技術にあこがれを抱き弟子入りするマッサージ専門学校生のヒロイン・坂本里香を西野七瀬が演じる。

前回の第5話、沼倉(松田)のマッサージ店に勤める里香(西野)の指圧が評判になり、沼倉は彼女に嫉妬する……というシーンが描かれた。

<最終話あらすじ>
復讐のために、瀕死状態の木村猛志(中村獅童)を生かし続ける沼倉(松田)。ある日、森山林(大鶴肥満ママタルト)がマッサージ店に現れ、突拍子もない事を口にする。

一方、母親も復讐を果たすべく木村の命を狙う。暗殺計画の決行前日、木村の身に異変が起こる。そんな沼倉の前に、憧れのあの男が現れ対峙するのだが……。

PICK UP