『Eye Love You』二階堂ふみ“侑里”を思うチェ・ジョンヒョプ“テオ”の気持ちに「愛が深い」【ネタバレあり】

公開:
『Eye Love You』二階堂ふみ“侑里”を思うチェ・ジョンヒョプ“テオ”の気持ちに「愛が深い」【ネタバレあり】
「Eye Love You」を見る

二階堂ふみが主演を務める『Eye Love You』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第8話が、3月12日に放送。本宮侑里(二階堂)を大切に思う父・誠(立川志らく)とユン・テオ(チェ・ジョンヒョプ)の大きな愛に、SNS上で反響が寄せられた(以下ネタバレが含まれます)。

テオの部屋で自身の状況とリンクする「心が聞こえる少女」という絵本を見つけた侑里。心の声を読む力をなくすには、「愛する人と33秒間目を合わせること」と記されていたうえ、「急ぎなさい。早くしないとあなたの“一番大切なもの”を失いますよ」と書かれていた。

絵本の存在を侑里から打ち明けられた誠は、「その方法お父さんと試してみようか」と提案。侑里は二度と誠と話せなくなることを想像し恐怖に駆られるが、「大丈夫だよ、お父さんはずっと幸せだよ」と優しく諭す誠に、半ば促される形で同意する。

最後に誠は「お父さんの娘くれてありがとう」と感謝を述べ、12年前の事故で侑里を守れたことが誇らしく、今がものすごく幸せだと打ち明けながら、これまでずっと味わうことができなかった侑里のコーヒーを美味しそうにすする。

33秒が経ち、誠と言葉が交わせなくなった侑里は「ごめんね、お父さん」と何度もあやまり泣き叫ぶ。そして少し冷静さを取り戻した後に、「大好きだよ、お父さん」と伝えると、「お父さんも大好きだよ」と誠の声が。やっぱり絵本の中の話だったのだと、2人で笑うのだった。

一方、 教授でテオの父親代わりの飯山利一(杉本哲太)に呼ばれたテオは、侑里の持つ力を打ち明けられるが、テオは既に知っていたと言い、ある覚悟を伝える。

SNS上では、誠と侑里の親子愛と、侑里を丸ごと包み込むテオの大きな愛に「深い」「号泣回」「涙が止まらない」といったコメントが寄せられた。

次回、第9話は3月19日に放送される。ついに絵本の結末が明かされる。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話のほか、二階堂やチェ、中川大志山下美月らキャストによるスペシャルインタビューなども配信中。

PICK UP