『大奥』小芝風花“倫子”の悲しみを救った亀梨和也“家治”の優しさに「涙が止まらない」【ネタバレあり】

公開:
『大奥』小芝風花“倫子”の悲しみを救った亀梨和也“家治”の優しさに「涙が止まらない」【ネタバレあり】

小芝風花が主演を務める木曜劇場『大奥』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第8話が、3月7日に放送。五十宮倫子(小芝)の悲しみに寄り添う徳川家治(亀梨和也)の優しさに、SNS上では感動の声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

産気づいた倫子は女の子を出産するが、死産となり深い悲しみに暮れ、家治のことも避けるように。そんな中、葉山貞之助(小関裕太)を救うため側室となったお品(西野七瀬)が懐妊。無事、男の子を出産するが、既に貞之助が息絶えたことを悟り、「貞」という字を幼名につかってほしいと家治にお願い。「貞次郎」と名付けられる。

城内では竹千代と貞次郎、どちらが世継ぎになるかがもっぱら話題に。すっかり娘のことを忘れ去られてしまったことに倫子は心を痛め、家治が倫子の母のために庭に植えてくれたリンドウの花が枯れた様と重ね見つめていると、家治が「見せたいものがある」と現れる。

家治は一本の若い松の木の前へ。そして松の木が1年中変わることなく緑の葉を保ち、枯れることがなく、1000年生きると言われていると説明すると、「わしはこの松に娘を思っている」と打ち明け、2人の間に生まれてきてくれた娘のことは生涯忘れないと告げる。

そして松の木の横にある「千代」と彫られた石碑に手を合わせ、「父として娘に恥じぬ世をつくると誓ったのだ」と伝えると、倫子も横に並び娘の供養をするのだった。

そして家治は、世継ぎに関するある決断をし……。

SNS上では、家治の心優しい一面に「娘を思う気持ちに感動」「優しさにあふれてる」「涙が止まらない」といった反響が多数寄せられた。

次回、第9話は3月14日に放送される。増上寺代参で倫子は松平定信(宮舘涼太)と過ごす。

PICK UP