西島秀俊“俊平”と當真あみ“天音”が見せた信念に「2回泣いた」

公開:
西島秀俊“俊平”と當真あみ“天音”が見せた信念に「2回泣いた」

西島秀俊が主演を務める日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第8話が、3月3日に放送。親子のやり取りが描かれ、SNSを中心に大きな感動を呼んだ(以下、ネタバレが含まれます)。

母校の創立記念イベントに招待された夏目俊平(西島)は、娘の響(芦田愛菜)と香川県高松市にある実家へ帰る。息子の帰郷を母・裕子(梅沢昌代)は温かく迎え入れるが、父・行彦(柄本明)との確執は残ったままだった。その夜、イベントに参加する森大輝(宮沢氷魚)ら晴見フィルのメンバーと、俊平の息子・海(大西利空)を伴い家出してきた谷崎天音(當真あみ)も合流。俊平は響に促され、みんなの前で指揮者を志すことになったきっかけを打ち明ける。

当時、高校球児だった俊平は、隣に住む世界的な指揮者であるクラウス・シュナイダーの影響で音楽に目覚め、甲子園予選の当日に東京で行われたノイエシュタット交響楽団のコンサートを聴きに行ってしまう。野球部の監督だった父に勘当され、家を飛び出してから30年。母校の記念式典の壇上で、俊平は過去を振り返りながら、「あなたが本当に好きな道を選ぶことで、傷つける誰かがいるかもしれません。でももしも、心に灯った情熱があるなら、それに従って生きてほしい」と、生徒たちにメッセージを送る。俊平の言葉は天音にも響いていた。

そして、俊平は父と和解。この日が指導者としての引退試合だった行彦は、俊平の「野球に負けんくらい、音楽で人の心を熱うしたい思うとる」という宣言に対し、「しっかりやれー!」とエールを送る。

わだかまりも解け、静岡に帰ってきた俊平たちの前に現れたのは、天音の父・白石一生(淵上泰史)だった。俊平の説得にも聞く耳を持たない父の前で、天音はバイオリンを手にし、響たちと練習したキラキラ星を披露。その演奏はたった2か月練習しただけとは思えない見事なものだった。涙ながらに「お父さんが褒めてくれないなら自分で自分を褒める。お父さんが反対しようと悲しもうと、私は絶対に音楽をあきらめない!」と訴える天音に、父の白石も目に涙を湛えていた。

2組の親子の物語に、ネット上では「涙が止まらなかった」「2回泣いた」「号泣した」「心動かされた」「胸に刺さった」「神回すぎる」などのコメントが寄せられた。

次回、第9話は3月10に放送。仙台オーケストラフェスティバルに参加できることになった晴見フィルは、音楽合宿を行うことになる。なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、SPインタビューなども配信中。

PICK UP