アニメ『チェリまほ』黒沢、安達&柘植の様子に嫉妬!第8話場面カット&あらすじ公開

公開: 更新:
アニメ『チェリまほ』黒沢、安達&柘植の様子に嫉妬!第8話場面カット&あらすじ公開

TVアニメ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレ東ほか、毎週水曜24:00~)の第8話が、2月28日に放送。この度、先行場面カット&あらすじが公開された。

本作は、「ガンガンpixiv」(スクウェア・エニックス刊)にて好評連載中の、豊田悠による同名BL漫画が原作(略称『チェリまほ』)。童貞のまま30歳を迎えた主人公・安達清が「触れた人の心が読める魔法」を手に入れ、勤務先のイケメン同期・黒沢優一が自分に想いを寄せていることを偶然知ってしまうことから巻き起こる、 純度100%のラブコメディだ。2020年には実写ドラマ化され、2022年4月に公開された実写映画化も大ヒット。2023年にはタイでの実写ドラマ化されるなど、“チェリまほ旋風”を巻き起こしている。

先週放送された第7話では、晴れて両想いになった安達と黒沢は初デートで横浜に行く……というストーリーが展開した。なお「TVer」では現在、この第1話と第7話が無料配信中。あわせてチェックしていただきたい。

<第8話あらすじ>
安達清は、黒沢優一に魔法の力のことを隠したまま付き合い続けるべきか迷っていた。

そんな中、会社で健康グッズのモニター会を開くことになり、柘植将人と綿矢湊もモニターとして参加することに。

心の声による会話でお互いに恋愛相談をし合う安達と柘植だが、その様子を誤解した黒沢は嫉妬心をあらわにする。

画像ギャラリー

PICK UP