『チェイサーゲームW』菅井友香“樹”&中村ゆりか“冬雨”、涙の別れのキスに「美しすぎる」【ネタバレあり】

公開:
『チェイサーゲームW』菅井友香“樹”&中村ゆりか“冬雨”、涙の別れのキスに「美しすぎる」【ネタバレあり】

菅井友香中村ゆりかがW主演を務める『チェイサーゲームW パワハラ上司は私の元カノ』(テレ東系、毎週月曜26:35~)の最終話が2月26日に放送。SNS上では、別れのキスシーンが美しいと反響があった(以下ネタバレが含まれます)。

青山航(佐藤寛太)は、写真を返してほしいと呂麻美(黒谷友香)に頼みに行く。「もしかして春本樹(菅井)のことが好きなの?」と聞く麻美は「私は林冬雨(中村)のことが好き」だと明かす。「好きならどうして苦しめるような事するんですか?」と聞く青山に「私も苦しんだから、あの子にも同じように苦しみ味わってもらわないと不公平でしょ」「愛は平等でなくっちゃ」と麻美は不敵な笑みを浮かべた。

翌日、冬雨は、麻美が引き抜いた全員がヴィンセント行きをキャンセルした責任を問う。すると、麻美は冬雨を道連れにすると言い「女同士で、それも不倫だなんてバレたら」「ジ・エンドだよ」と迫る。しかし、冬雨は「私は春本樹を愛してます」「後悔していません」とキッパリ。坂本絢香(うらじぬの)は「同性同士が付き合うと何でおしまいになるのか理解できません」と冬雨を後押しした。また、「天女世界」の原作者であるチャン・シューリン(本田望結)の働きかけにより、ゲーム化のオファーを正式にDD社に決定したと連絡があり、麻美は悔しそうにその場を去った。

その後、カフェで冬雨に「夫も知ってる。だからもう終わりにしないと」と言われた樹は「たとえどんな罰を受けても、あなたと結ばれたかった」「再会できたこと感謝してる」と伝え、2人は別れ際に涙を流しながらキスをした。

SNS上では、涙ながらの別れのキスシーンに「涙こぼれる瞬間が美しすぎる」「涙もキスもめっちゃ綺麗」などの反響が。また、麻美の冬雨への愛情についても話題になり「狂気じみた愛で怖い」「拗らせてる」などの声が上がっていた。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話~第3話も配信中。

PICK UP