原田美枝子演じる全ての鍵を握る“第3の人物”は「マルス」の 敵or味方!?

公開: 更新:
原田美枝子演じる全ての鍵を握る“第3の人物”は「マルス」の 敵or味方!?

道枝駿佑が主演を務めるドラマ『マルス-ゼロの革命-』(テレビ朝日系、毎週火曜21:00~)第6話が、2月27日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

道枝演じる謎多きカリスマ転校生・美島零(みしま・ぜろ/通称:ゼロ)に導かれ、「マルス」という動画集団を結成した落ちこぼれ高校生たち7人が大人社会に反旗を翻していく姿を、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の人気脚本家・武藤将吾が3年ぶりに完全オリジナルで描く、爽快な新感覚青春ドラマ。現在TVerでは、最新話のほか第1話~第3話、記者会見の様子、ダイジェスト、キャラクター動画など多数配信中。

桐山球児(泉澤祐希)の死という衝撃のラストで幕を下ろした第5話。そして、「マルス」の中にいた“裏切り者”=クロッキー社のスパイは貴城香恋(吉川愛)だったことも判明。ミスターKを名乗り、ネット上で「マルス」への攻撃を扇動していた香恋は、ゼロの最愛の人であった倉科エリ(大峰ユリホ)の死にも関わっていたことがわかり、「マルス」メンバーはそのあまりに残酷な現実に言葉を失うのでした。球児の死という最大の悲劇、香恋の裏切り、もはや崩壊寸前の「マルス」ですが、さらにゼロ(道枝)までもが姿を消してしまう。

無期限の活動休止も言い渡され、もはや「マルス」の空中分解は不可避の中、今後の展開を大きく左右する最重要人物、エンダーグループ会長・西城澪子(原田美枝子)がついに登場。國見亜門(江口洋介)と業務提携を結んだ澪子。しかし澪子は國見を完全に信頼しているというわけでもなさそうで……。はたしてこの“第3の人物”・澪子は「マルス」にとって敵となるのか? 味方となるのか?

そしてついにゼロが帰還。ある人物から在りし日の球児が遺した言葉を聞いたメンバーは、それぞれの思いを胸に再び立ち上がる。最愛の人の復讐のため、そして腐った大人社会を壊して、自分たちの世界を取り戻す革命のため、いよいよ宿敵・國見への反撃が始まる。そして、「マルス」の再集結に一役買うことになる“ある人物”にも注目だ。

<第6話あらすじ>
クロッキー社の國見亜門(江口)から名誉毀損で訴えることを公表された美島零(道枝)たち「マルス」。「「マルス」を社会から排除せよ」と世論を扇動する動画配信者・ミスターKによってアンチコメントが増殖し、いよいよ追い込まれた「マルス」は当面の活動を休止することに。なんとか「マルス」の信用を取り戻すため独断で動く二瓶久高(井上祐貴)と桐山球児(泉澤)だったが、その渦中、ホストの雅(上田竜也)ともみ合った球児が非常階段から転落し、命を落としてしまう。

球児の死から1か月――逢沢渾一(板垣李光人)らは学校から無期限の活動休止を言い渡され、ゼロは姿を消していた。貴城香恋(吉川)や桜庭杏花(横田真悠)、呉井賢成(山時聡真)らメンバーは学校内で会っても、互いに目も合わそうとせず、「マルス」は空中分解したまま……。

そんなある日、突然ゼロが姿を現す。「僕をこの腐った世界から救ってくれるんじゃなかったんですか! 僕との約束も、球児くんのことも、マルスのことも全部投げ出して、あんまりだ!」。涙を浮かべながら責め立てる渾一に「俺は投げ出しちゃいない」と答えるゼロ。そしてこう宣言する――「第二章の始まりだ」。

その頃、大手流通産業・エンダーグループとの業務提携を開始したクロッキー社は、ビッグプロジェクトをいよいよ始動。SNSのクロッキーの登録者数はみるみるうちに増え、いずれは政府と連携して運転免許証や保険証も紐付けられ、身分証として使えるようになるほど、日本を席巻していた。しかしエンダーグループの西城澪子(原田)は、國見と中国企業のよからぬ関係を指摘。即刻手を切るよう忠告する。

ゼロの帰還によって、香恋と球児の一件以来、学校を休んだままの賢成を除いた「マルス」が再結集。ある人物から在りし日の球児が遺した言葉を聞いたメンバーは、それぞれの思いを胸に再び立ち上がる。

一方、「マルス」を陥れ、崩壊へと導いた香恋を呼び出し、ゼロはある事実を告げる。

画像ギャラリー

PICK UP