『厨房のありす』永瀬廉“倖生” が初めて自分が幸せになることを許せた瞬間

公開:
『厨房のありす』永瀬廉“倖生” が初めて自分が幸せになることを許せた瞬間

常連客の柴崎明里(金澤美穂)の恋愛成就報告などがきっかけで「ありすのお勝手」はたちまち恋愛にまつわる悩みを解決してくれるパワースポットとして話題になり、連日行列ができる大人気店として賑わいを見せる。

厨房のありす』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)第6話では、お店の繁盛と同じくらい酒江倖生(永瀬廉)を思う八重森ありす(門脇麦)の好意も大渋滞を起こし忙しなく成長を見せる。

“ラブイズアクション”を履き違えてしまったありすから倖生へのアプローチの数々は斬新を極め、微笑ましい。そしてそれを無視したり拒絶するのではなくただただ困惑するだけの倖生の優しさが終始光る。ただ打算も裏表もなく周囲の目も気にしないありすのアプローチはひたむきで、自分の気持ちを引っ込めてばかりいる松浦百花(大友花恋)からすればなかなか受け入れ難く歯痒いものなのだろう。倖生のバイト先でもある心護(大森南朋)の研究室にお弁当の差し入れをしたありすは、倖生にだけは彼が好きなメニューだけをめいっぱい詰め込んだあからさまなスペシャルお重弁当を手渡す。バレンタインのチョコレートさえ渡せなかった百花にとっては、皆の前でこんなに堂々と好意をダダ漏れにできるありすのことが羨ましくもあり煩わしく思えるのだろう。お店も皆に手伝ってもらい、周囲に味方してもらえて守られていて……そこに倖生への好意まで相まってどうしたって百花はありすにきつく当たってしまう。

「迷惑だから。普通わかるでしょ、それくらい。空気読んでよ」「倖生くんだって迷惑だと思ってるから。気使ってるに決まってるじゃん。明かに引いてたし」「皆あなたが可哀想だから優しくしてるだけだから。いいよね、そうやって可哀想ぶってれば皆に構ってもらえて。皆から大事に大事に守ってもらえるんだから」と、次から次に自分の口から溢れ出る言葉を止められない百花のことも見ていられない。確実に相手を傷つけてしまうとわかっていながらも言わずにはいられず、同時に口を突いて出る自分の言葉に幻滅し罪悪感と自己嫌悪が募っていく。ありすが自分のことを責めてくれたならばまだ楽なのに、ひたすら謝るばかりでますます歯止めが効かなくなってしまう百花。切羽詰まった彼女の様子に必死さと余裕のなさが滲む。しかしこんなにムキになるなんて、最初にありすを見た時に百花がどこかで感じた“自分とは住む世界が違う”という線引きとそれゆえの優越感や安心感とは正反対の感情が巻き起こっている。

一方、百花に理不尽とも言える怒りを一方的にぶつけられたありすは、彼女の言い分を認め、そして心護に言う。

「私は変わりたいです。私もみんなのように大切な誰かを守ったりできたら良いなと思います。私も大切だと思う人を守れる強い人になりたいです」

ASDという本人の努力ではどうにもならないことを一方的に責められたのに、こんなふうに思えるありすは既に十分強い。

倖生の“ラブイズアクション”に引き出される2人の駆け引きなしの本心

この思わぬ大行列はありすと倖生に招かれざる客を呼ぶ込む。ありすが1人で臨んだウェブ雑誌の取材では、記者は彼女が心を込めて作った料理に一切箸をつけようともしない。そして「逆境に負けないASDの料理人」という勝手なレッテルを貼り、それに沿った取材に終始しありすにASDのことしか質問しない。土足で人の心を踏み荒らすとはこのことで、記者失格だ。

これまで「犯罪者の息子」というレッテルを貼られ、自身の内面は一切見てもらえない経験ばかりしてきた倖生にはこの無念さが痛いほどよくわかるのだろう。記者が残していった料理を「まじ勿体ないよね、こんなに美味いのに」「めちゃくちゃ美味い」と勢いよく頬張る倖生の姿は、ありすの全てを力強く全肯定してくれる。これぞまさしく“ラブイズアクション”ではないか。ありすと倖生という同じ種類の痛みを抱えた2人が一緒にいても“傷の舐め合い”に終わらないのは、倖生がありすに常に笑っていて欲しいと願っているからだ。そして、ありすもまた倖生に自分が幸せにしてもらっていることを全身全霊で伝えている。

「ごめんなさい、私は倖生さんが好きです」と、謝りながら涙いっぱいに告白するありすの姿にも胸がいっぱいになる。誰より優しいからこそ、自分が深入りしてしまうことで相手を傷つけてしまわぬようにと人との距離感に慎重で他人を寄せ付けようとしなかった倖生。そんな彼の心のバリアが溶ける瞬間の、あの間も見事だった。ありすへの好意を認めた時、倖生は自分が幸せに手を伸ばすことを初めて許せたのかもしれない。ありすを抱きしめながら、倖生はこれまでの傷だらけの自分自身も一緒に抱きしめているように見えた。

倖生がやっと見つけた居場所が二度と奪われてしまいませんように

ようやく気持ちが通じ合った2人に早くも不穏な影が忍び寄っている。「ありすのお勝手」に注目が集まれば、自ずと避けては通れないことがついに起こってしまった。倖生のバックグラウンドを拡散するSNSの匿名アカウントが現れたのだ。ようやく居場所を獲得した倖生からもうこれ以上誰も何も奪わないで欲しい。これ以上彼が不当に傷つけられることがないようにと祈るばかりだ。

そのアカウント情報では倖生の父であり心護の最愛の人だった十嶋晃生(竹財輝之助)は横領犯とされており、五條製薬の研究員だった晃生について誠士(萩原聖人)が口にした「会社を裏切った」とはこのことなのだろうか。

晃生が何らかのトラブルに巻き込まれてしまったのには「君のお父さんを殺したのは僕だ」と言い、倖生に「気の済むようにしてくれて構わないから(中略)罵倒されても復讐されても仕方ないと思ってるから」と話していた心護がどう関わっているのだろうか。

文:佳香(かこ)

次回第7話は3月3日に放送される。なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話~第3話、ダイジェスト、配信限定の「化学で簡単レシピ」なども配信中。

PICK UP