芦田愛菜“響”、當真あみ“天音”の涙に決意「すでに泣きそう」

公開:
芦田愛菜“響”、當真あみ“天音”の涙に決意「すでに泣きそう」

西島秀俊が主演を務める日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第7話が、2月25日に放送。晴見フィルハーモニーがある場所で行った演奏会に、ネット上では様々な反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

森大輝(宮沢氷魚)の祖父で「うたカフェ」の店主でもある小村二朗(西田敏行)の77歳の誕生日を記念したリーダーライブの開催が決定。悩んだ末にクラリネットを演奏することに決めて練習に励む二朗だったが、本番の前日になって倒れてしまう。

大事には至らなかったものの、うたカフェで行われるライブには間に合いそうもなく、付き添いの大輝は、ライブに協力してもらう予定だった夏目俊平(西島)に電話し、「そちらはお任せしていいですか? みんなのこと盛り上げちゃってください」と依頼。慌てふためきながらも、大輝から「プロミュージシャンでしょ」と発破をかけられた俊平は、ある秘策を考える。

それは、二朗が検査のために入院している病院で演奏会を開くことだった。晴見フィルのメンバーによるサポートを受けながら、車椅子のまま二朗はクラリネットの音色を響かせ、演奏会は大成功に終わる。一方、演奏を聞きに来ていた俊平の娘・響(芦田愛菜)は、笑顔で演奏するみんなを見て、かつて大輝から言われた「マエストロが前に教えてくれたんだ。音楽は人の心を救うことができるって」という言葉を思い出していた。

響の脳裏に浮かぶのは、父親の白石一生(淵上泰史)に猛反対され、泣きながら「もう辞めます」とバイオリンを返しにきた谷崎天音(當真あみ)のこと。「コーチ」と呼んで慕ってきた天音の泣き顔が忘れられず、響は病院を後にして、ある行動に出るのだった。

病院での演奏会に、ネット上では「音楽って本当にいい」「めっちゃ感動した」などのコメントが寄せられ、何かを決意した響の表情には「天音ちゃんを助けてあげて」「救ってくれ!」「すでに泣きそう」などの声が上がっていた。

次回、第8話は3月3日に放送される。天音を心配した響は、大輝に付き添ってもらいながら、彼女の家へと向かう。なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、SPインタビューなども配信中。

PICK UP