西野七瀬“里香”、松田龍平“沼倉”の奥義に「これはまるでサンバ!」視聴者「なんだこの展開」

公開: 更新:
西野七瀬“里香”、松田龍平“沼倉”の奥義に「これはまるでサンバ!」視聴者「なんだこの展開」

松田龍平が主演を務めるドラマ『ケンシロウによろしく』(テレ東系、毎週水曜26:35~)の第1話が、2月21日に放送。沼倉孝一(松田)が復讐を誓って暗殺拳の勉強を始めるも、なぜかマッサージ師になっているという展開に、SNS上で「めちゃめちゃ笑った」などの感想が上がった(以下ネタバレが含まれます)。

幼い頃、たったひとりの家族だった母親が突然姿を消した。「捨てられた」と絶望する一方、ヤクザの恋人が元凶であると悟っていた沼倉は、そのヤクザ・木村猛志(中村獅童)に復讐を誓う。漫画「北斗の拳」を読み漁り、トレーニングに明け暮れる日々。そんな生活を10年続けた結果、ついに沼倉は「北斗の拳」の主人公・ケンシロウの技と肉体を手に入れた。

「完璧に殺せる」。そう思った沼倉は、木村の前に立ちふさがる。しかし、あんなに勉強した暗殺拳は全く通用せず、ヤクザの手下にボコボコにされてしまう。

リベンジを誓い、さらに専門的なツボの勉強も始めた沼倉。すると国家資格に受かり、マッサージ店を開業するにまで至る。

そんな中、風俗店でマッサージを売りにする風俗嬢・坂本里香(西野七瀬)に出会う。彼女のマッサージに何の気持ちよさも感じず、自らがお手本を見せることに。あまりの気持ちよさに「これはまるでサンバ!?」と脳内はカーニバル! 沼倉の手腕に惚れ込んだ里香は、「私を弟子にしてください!」と懇願。そこから里香は、沼倉のマッサージ店でアルバイトをすることに。

SNS上では「深夜にめちゃめちゃ笑った」「なんだこの展開w」「面白過ぎる!」という声が上がっていた。

次回、第2話は2月28日に放送。里香は、沼倉が復讐のためにマッサージ師になったことを知る。

PICK UP