経済アナリストが教える年間約18万円の節約術とは?覆面調査、職務経歴書の添削など「得するお金の稼ぎ方」も紹介

公開:
経済アナリストが教える年間約18万円の節約術とは?覆面調査、職務経歴書の添削など「得するお金の稼ぎ方」も紹介

町の人の貯金事情&お得な節約術を大調査! アレを抑えることで年間約18万円を節約する術や隙間時間でできる副収入で月20万円を稼ぐ方法など、ちょっと得するお金事情を紹介する。

厚生労働省が行った令和4年国民生活基礎調査によると、1世帯の平均貯金額の全体平均は1368万円。とはいえ、昨今の原材料値上げや物価高を鑑みると、貯金をするには節約が一番という結論になった。

経済アナリストの森永康平さんいわく、外食を控えることが大きな節約になると解説。例えば4人家族の場合、1か月の平均食費約8万8000円のうち、外食費は約1万5000円に。外食を抑えるだけで年間約18万円の節約になると計算する。

また、外食をする際はアプリをダウンロードし、クーポンを発行したり、ポイントを貯めたりするのも有効で、お店によっては割引率20%以上の店舗もあるそう。投資の世界で1年間で20%の利益を得るのが難しいことを考えると、事実上20%のリターンを取っているのと同じだとアドバイスする。

次に、得するお金の稼ぎ方の紹介では、覆面調査を行っている人のほか、ジグソーパズルの作製代行、履歴書&職務経歴書の添削作業といった副業を行っている3人の女性が登場。仕事の発注元や仕事内容、1件あたりの収入から月の収入まで赤裸々に明かされた。

上記、「貯金&副業 得するお金事情を大調査SP」の詳細は『ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜』(テレビ東京系)内で解説。番組では、昭和61年の10円玉が20万円になるという激レアお宝大捜索も行われた。

次回は3月13日に放送される。

PICK UP