FANTASTICS・木村慧人、紺野彩夏、超特急・柏木悠らの出演決定『好きなオトコと別れたい』

公開:
FANTASTICS・木村慧人、紺野彩夏、超特急・柏木悠らの出演決定『好きなオトコと別れたい』

堀田茜が主演、毎熊克哉が共演する新ドラマNEXT『好きなオトコと別れたい』(テレビ東京系、4月3日スタート、毎週水曜深24:30~)の追加キャストと主題歌が発表された。

デジタル恋愛コミック誌「comic tint」(講談社)に掲載され、同世代の読者から共感の声を集めた藤緒あいによる同名作を実写ドラマ化。将来を考えるアラサー女性会社員がダメ男の魅力にハマり、その沼から抜け出せないループな恋を繰り広げる、リアルでもどかしい大人のラブストーリーだ。

主人公で、ダメ男の魅力にはまり、何度か別れを切り出しつつも結局別れられずにいる白石郁子役を堀田。定職に就かず郁子の家に居候するヒモ男ながら憎めない性格の黒川浩次役を毎熊が演じる。

そしてこの度、郁子と浩次をとりまくレギュラーキャストが解禁。郁子の会社の後輩で郁子に猛アタックするハイスペック年下イケメン・青山大翔役に木村慧人FANTASTICS)。同じく郁子の会社の後輩で青山の恋を煽る黄田ナナ役に紺野彩夏。そんなナナの彼氏でフリーターのバンドマン・イチ役に柏木悠超特急)。バー“しのぶ”のママで郁子と浩次の恋を見守る浩次の同級生・しのぶ役に相田周二三四郎)。郁子の祖母で可愛い孫の将来を心配する白石春子役に田島令子が決定した。

さらに、ドラマを彩るオープニング主題歌は、浪岡真太郎(Vo/Gt)、大島真帆(Vo)、角野隼斗[Cateen](Pf)、矢野慎太郎(Gt)、大原拓真(Ba)、平井辰典(Drs)による6人組ツイン“リード”ヴォーカル・バンドPenthouseの「我愛你」に決定。Penthouse作品の魅力の一つとして掲げられるシティポップやソウルの要素を交えた都会的なサウンドで構築された1曲になっている。

以下、追加キャストとPenthouseから寄せられたコメントを紹介する。

<青山大翔役:木村慧人>
青山大翔役を務めさせていただきます木村慧人です。この役のお話をいただき原作と脚本を読ませていただいた時に、青山くんはとてもピュアな好青年だと思いました。青山くんを演じることにプレッシャーも感じましたが、観てくださる方に青山くんを応援したいと思っていただけるよう、愛を込めて演じさせていただきます! 是非ドラマを楽しんでください!

<黄田ナナ役:紺野彩夏>
わたしが演じるナナという役は、劇中にもあるように人生何周目?? と思う言動がたくさんありつつ、周りをぱっと明るくできる楽しい女の子です。ヒモ男について、郁子さんにいろいろ言っているけど、本当はナナも、、、というところも面白いので、ナナの付き合っているヒモ男がどんなタイプか、ぜひ注目してみていただけたら嬉しいです。全体的にポップな作品に仕上がっているんじゃないかなと思うので、自分だったらどうするか友達とわいわいしながら観ていただけると思います!

<イチ役:柏木悠>
僕が演じるイチは無邪気で純粋で今を生きることを大事にしている人で僕はすごく良い人だなというふうに感じましたし、ナナへの想いなど熱い一面もありめちゃくちゃ好きになりました。このドラマを通してダメ男に沼る理由がわかるのですごく面白いです! 精一杯イチを演じますのでぜひ作品を楽しんでもらえたらと思います!!

<しのぶ役:相田周二>
僕が演じさせていただく『しのぶ』という役は浩次の同級生で、郁子と浩次を繋いだバーのママという、ストーリーにおいて重要な上になかなかキャラ強な役なので、よく行く新宿二丁目のバーにより足繁く通い、そこのママの保有量多めに演じさせていただきました。郁子と浩次、2人の恋の行方に注目しつつ、監督から「好きなようにやっていいので!」という逆にハードル高めの要求にギリギリな状態で挑んでいる僕を温かい目でご覧下さい!

<白石春子役:田島令子>
今回出演が決まって台本を拝見しましたが、まるで小説を読んでいるようで、次はどんな展開になるのかしら? とワクワクしながら読み進めました。私が演じる春子さんは、とってもチャーミングなキャラで、彼女を演じられる事を楽しみにうれしく感じました。我ら出演者全員がまんが(漫画)の紙上から飛び立ち、視聴者の皆様をハラハラドキドキの世界にお導き致します。

<Penthouse コメント>
この度、「好きなオトコと別れたい」の主題歌を担当いたします、Penthouseのヴォーカル浪岡真太郎です。「Penthouseらしい楽曲を」と言う形で依頼をいただけたこと、とても光栄でした。郁子と浩次のような、アラサーの恋愛の「好きという気持ちだけでは前に進めない」もどかしさと切なさみたいなものは、僕らの年齢も彼らとそう遠くないこともあってか、心に来るものがありました。「我愛你」は素直になれない気持ちを少しだけ前に進められるように、そんな思いを込めて書いた楽曲です。ドラマの中でこの曲が流れることで、作品の素晴らしい世界を、少しでも彩ることができたら嬉しいです。

画像ギャラリー

PICK UP