『チェイサーゲームW』中村ゆりか“冬雨”が夫にカミングアウト「胸がギュってなった」【ネタバレあり】

公開:
『チェイサーゲームW』中村ゆりか“冬雨”が夫にカミングアウト「胸がギュってなった」【ネタバレあり】

菅井友香中村ゆりかがW主演を務める『チェイサーゲームW パワハラ上司は私の元カノ』(テレ東系、毎週月曜26:35~)の第7話が2月19日に放送。SNS上では、林冬雨(中村)が夫・浩宇(河合朗弘)に同性愛者であることを打ち明けるシーンが話題となった(以下ネタバレが含まれます)。

呂麻美(黒谷友香)の妨害と小松莉沙(椛島光)の情報漏洩により「天女世界」のゲーム化は再考されることに。なんとか現状を打破するため、プロジェクトメンバーたちは「天女世界」の原作者であるチャン・シューリンを探し、会いに行くことにした。

春本樹(菅井)は青山航(佐藤寛太)に会いに行き、DD社を糾弾する記事は借金返済のためだったと青山から明かされる。そして、冬雨との関係を麻美にばらしたことについては、金のためではなく「高校の時からお前にずっと片思いしてた」「春本がレズビアンだって知ってからも全然諦められなくて」「俺から嫌いになれないから春本から嫌われた方が楽かなと思って」と青山は秘めていた自身の思いを告白した。「後悔してる」と詫びる青山に対し、「そんな勝手な理由で裏切ったの?」と樹は怒りを露わにして去った。

冬雨は、麻美がアサヒプロダクションのクリエイター全員をヘッドハンティングしたことを知り、会社へ急ごうとするが、浩宇に「大事な話がある」と引き留められる。樹とキスをしている写真を見せられ「君は春本さんのことを愛してるの?」と問われた冬雨は「……はい。私はレズビアンです」と浩宇に打ち明けたのだった。

SNS上では、冬雨が浩宇に同性愛者であることを告白するシーンに「泣いた」「胸がギュってなった」などの反響が。また、それぞれの思いが複雑に交錯し合う中で、樹と冬雨2人のハッピーエンドを望む声が多数上がった。

次回、最終話は2月26日に放送される。不倫を究明された冬雨は、大きな決断を迫られる。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話~第3話とダイジェストなどを配信中。

PICK UP