マユリカ中谷が顔面蒼白…中学時代に作ったHPが令和に甦る!「これはアカン」『見取り図じゃん』現場レポート

公開:
マユリカ中谷が顔面蒼白…中学時代に作ったHPが令和に甦る!「これはアカン」『見取り図じゃん』現場レポート
「見取り図じゃん」を見る

見取り図盛山晋太郎リリー)の冠番組『見取り図じゃん』(テレビ朝日系、毎週月曜25:56~)が2月19日に放送される。TVerプラスでは、公開収録形式で行われた本回を取材。現場レポートをお届けする。

今回の企画は「デジタルタトゥーお断り!!見取り図温泉」。見取り図が東京・六本木で運営している温泉には、絶対厳守のルールがあった。それは「“デジタル”タトゥー」のある方お断りということだ。会場には、SNSで募集した番組ファンが集まった。

収録当日「見取り図温泉」にやって来たのは、自身のホームページを運営していた過去があるマユリカ中谷。見取り図は、彼の相方の阪本と共に、中谷の「デジタルタトゥー」を見ていくことに。

何も知らされておらず、戦々恐々とする中谷。中学生のときに作ったホームページ「KOZOU」がモニターに表示されると「これはアカン!」「ヤバい!」と大慌て! 当時のハンドルネームが「体操小僧」、ブログ名が「小僧解体新書」だと渋々紹介する中谷に対し、阪本は「(ここにいるのが)偉いと思います。僕だったら走って逃げてる」と述べ、笑いを誘った。

「ABOUT(簡潔なサイト紹介や自己紹介)」ページから、中谷にとって“恥ずかしい”文言が連発。「管理人のイヤンな秘密が満載」との一文や、オリジナルマスコットキャラクターの挿し絵もあるなど、耐えられない自身の紹介文に頭を抱える。

中には「イラストや漫画を描くことを趣味とする大学一年生」との記載があり、「(中学生ではなく)大学生やんけ!」とのツッコミが飛ぶ一幕もあった。中谷が毎年プロフィールを更新していた、と弁明すると「大学1年ということは、その1年後に芸人になるんですよ?」と阪本。盛山は「何年もタトゥーを入れ続けてたんや」とこぼして笑いを起こした。

その後も、文章に“センスを見せようとする”匂いをかぎとり、イジりまくる見取り図。リリーも「センスタトゥーエグいな」と笑みをこぼす。こうして、文章を読み上げられるたび、中谷は「今日は打ち合わせって聞いてんねん!」「やめてくれ」と懇願した。

中谷のブログ「小僧解体新書」の記事もいくつか紹介された。新学期での出来事、テストのことなど、独特の例えを交えて綴られている日記に来場者も爆笑! そんな中谷の“オリジナル略し言葉”が穴埋めクイズで出題される!? 

「幼馴染S」=阪本と、ある場所へ行った様子がブログに記載されていた。盛山曰く『M-1グランプリ』のキャッチコピー「キモダチ」を考えた人が見たとしか思えない、2人のやりとりが書かれており、阪本にも流れ弾が当たって……。

検索すれば「KOZOU」のホームページは現在でも閲覧できるが、消去の仕方が分からないという中谷。最後に盛山は「オンエアまでにハッキングできるならしてください」と述べて笑いを誘った。

収録中、中谷は終始「デジタルタトゥー」を前に苦悶の表情を浮かべていた。盛山とリリーがホームページを巧みにイジり、コメントを求められた阪本が一言で笑いを起こす……というやりとりが自然発生的に生まれ、ライブ感ある収録となっていた。

取材・文:浜瀬将樹

<収録中の様子>

画像ギャラリー

PICK UP