長妻怜央&川津明日香のキュンキュンしたシーンは?「握った手が…」『Sugar Sugar Honey』インタビュー

公開:
長妻怜央&川津明日香のキュンキュンしたシーンは?「握った手が…」『Sugar Sugar Honey』インタビュー

長妻怜央7ORDER)さんと川津明日香さんがW主演を務めるドラマ『Sugar Sugar Honey』(TOKYO MX、毎週月曜22:00~)が放送中&民放公式テレビ配信サービス「TVer」ほかで配信中です。

本作は、電子書籍配信サイト「コミックシーモア」で累計900万DLを突破した、鈴木有布子さんによる大人気オリジナルコミックが原作。現役引退を機に、一流ホテルでスタッフとして働くことになった元マラソンランナーの佐原瑞月(川津)。失敗ばかりのポンコツぶりを発揮し、自分の居場所を見失っていた瑞月の唯一の癒しは、大好きなホテルスイーツ。そんなとき瑞月の前に現れたのは、女たらしと噂のイケメンパティシエ・梶佑輔(長妻)。恋愛に免疫のない瑞月は、あるピンチを梶に救われたことをきっかけに、新作スイーツの試食係に任命されてしまい……!?

このたび、主演の2人にインタビュー。和気あいあいとした撮影現場についてや、キュンキュンシーンについて語ってもらいました。

川津明日香、長妻怜央をスルー?「誰かがツッコむだろうと…」

――おふたりは本作が初共演ということですが、お互いの最初の印象、またお芝居で掛け合って変化した部分があれば教えてください。

川津:衣装合わせと本読みの時に初めてお会いしたのですが、長妻さんは最初からこういう感じ(笑)。すごく明るくて、衣装合わせの時は場が静まっていることが多いのですが、長妻さんが盛り上げ隊長となってみんなを笑わせてくれました。撮影中も本当に元気で、いつも「すごいな」と思っています。淡々とした撮影現場より、和気あいあいとした方がやりやすいので。いい環境を作ってくれました。

長妻:川津さんは、とても真面目な方だなというのが最初の印象でした。撮影現場では、最初はいろいろ構ってくれていたのに、ダル絡みし過ぎて後半は僕を無視するようになって(笑)。僕は無視されてからが本領を発揮するので、無視されても果敢に絡んでいってました!

川津:キャストだけでなくてスタッフさんも和気あいあいとした現場だったので、私じゃなくても誰かがツッコむだろうなと思って、意図的にスルーしていました(笑)。

――長妻さん演じる梶は、女たらしと噂のイケメンパティシエ。川津さん演じる瑞月は、恋愛経験ゼロの元アスリート。自身と似ているところ、また魅力的に感じた部分はありますか?

川津:私も甘いものが好きなので、この撮影期間はご褒美でした。その一方、性格は瑞月とはあまり共通点はないかもしれません。瑞月は挫折を経験して性格が後ろ向きになっていますが、私はメンタルが強い方なので。魅力的に感じた部分は、マラソンや梶など、一度好きになったものへの一途で真っすぐな思いですね。原作を読んだ時から「ステキだな」と思っていたので、私も表現にその思いを乗せられるように意識しました。

――ちなみに、走るのはお得意ですか?

川津:はい。走るのは割と得意です。撮影に入る前に、フォームをキレイに見せるための練習を市丸かなみ役の三原羽衣ちゃんと一緒にやったこともあって、とても楽しく走れました。

――長妻さんはいかがでしょうか。

長妻:梶の寡黙なところが魅力的に感じました。僕は心の声と口が繋がっていて、思ったことをすぐに言ってしまうので(笑)。梶は努力していても、その努力を口にしない。そこがすごくかっこいいと思いました。なので、僕との共通点は……ないです。性別と、あとイケメンということしか(笑)。あ、でも仕事に対して一生懸命なところは同じかもしれないです。僕も仕事のことになると、周りが見えなくなるタイプですね。

――長妻さんは初のパティシエ役。スイーツを作るシーンがたくさん出てきますが、事前に準備したことや苦労などはありましたか?

長妻:片手で卵を割ることですね。実は、映画『ハウルの動く城』を見てからずっと練習していて、いつか絶対ドラマの中で披露したいと思っていたんです。それを満を持してこの作品で見せることができました!

2人にとってのご褒美は?

――撮影して、個人的にキュンとしたシーンがあったら教えてください。

川津:ドラマ全体を通じて割と近い距離で撮影するシーンが多かったので、常にキュンキュンしながら撮影しました。個人的にお気に入りなのは、ベランダのシーンですね。放送を楽しみにしていてください。

――梶ではなく、長妻さんにキュンとしたところはありましたか?

川津:1日中撮影があると、私は体力を持たせようと省エネモードになるのですが、長妻さんはおしゃべりが大好きなのでたくさん話しかけてくれて。うるさいと思いつつ(笑)、すごくいい人だなと思いました。

長妻:うるさいという本音が隠れていない(笑)。

――(笑)。長妻さんのキュンとしたシーンも聞かせてください。

長妻:マラソンデートのシーンです。瑞月は元マラソン選手なので息を切らすことなく走れるのですが、梶は体力がなくてすぐにヘトヘトになってしまうんです。その時に「行きましょう」と言って瑞月が梶の手を引っ張るのですが、その時の川津さんの手が冷たくてキュンとしました。なかなかカップルがデートでマラソンはしないじゃないですか。その新鮮さと、寒い中での撮影で頑張っている川津さんにキュンキュンでした(笑)。

――瑞月のスイーツのように、おふたりが愛してやまないもの。また疲れた時のご褒美はありますか?

長妻:ご褒美かぁ……。お仕事が楽しくて、ご褒美というものをあまり必要としていないんですよね。サウナに行ったり、買い物に行ったり、ゲームをしたり、その時々によって使い分けている感じでしょうか。

川津:私はバラエティ番組を見ることです。特に『アメトーーク!』や『相席食堂』『テレビ千鳥』が大好きで、よく見ています。

――最後に、本作の見どころとなる部分を教えてください。

川津:先ほど瑞月は好きなものに一途だと言いましたが、梶さんにも譲れない信念があることが、話を通してわかってきます。その2人が思いを通わせ合い、関係性が縮まる瞬間が見どころとなっていると思います。また、美味しいスイーツがたくさん出てくるところも。どうすれば美味しそうに見えるか工夫しながら撮影したので、そこにも注目してほしいです。

長妻:納豆やオクラ、マグロなどが入った「ばくだん丼」という食べ物があるのですが、この作品に最初に触れた際に「ばくだん丼みたいだな」と思いました。一見、縁のなさそうなパティシエとランナーが出会い、関係を持つことで面白くなっていく。ばくだん丼も、意外な組み合わせですごく美味しいものになるじゃないですか。そういう話だなと思いました。……例え方ミスったかな? あの、マグロとオクラって組み合わせようと思わないじゃないですか……。

川津:その話、まだ続けますか?(笑)。

長妻:もう大丈夫です(笑)。ありがとうございました!

取材・文・撮影:米田果織

<放送日時>
毎週月曜22:00~22:30(TOKYO MX1)
毎週月曜25:00~25:30(テレビ大阪)

<出演>
長妻怜央(7ORDER) 川津明日香
三原羽衣 駒井蓮 福岡聖菜AKB48田村心 押田岳 星野奈緒 / 市川知宏 ほか

<クレジット>
ヘアメイク:西沙織
スタイリスト:高田菜々子

<衣装クレジット>
長妻怜央:
ジャケット・パンツ/BANANA REPUBLIC
靴/ASICS RUNWALK

川津明日香:
シャツ・パンツ/AOIWANAKA
靴/Daniella &GEMMA
リング(右)/Reflection

画像ギャラリー

PICK UP