中尾暢樹“彰人”、セレブ男子4人の過去について明かす

公開:
中尾暢樹“彰人”、セレブ男子4人の過去について明かす
最新エピソードを無料視聴

若月佑美が主演を務めるABCテレビ・ドラマL×DLEによる連動プロジェクト『セレブ男子は手に負えません』(テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:55~)第4話が、2月10日・2月11日に放送される。

本作は、WEBTOON連動でマンガ連載とともに物語が展開する“先読みできる新感覚ストーリー”。若月が地上波連ドラ初主演で臨むのは、とある大事件から立ち直るため“二度と恋はしない”と誓ったシンデレラヒロイン。そんな彼女がひょんなことから共同生活をすることになったのは、誰もがうらやむセレブ男子たちだった!? ところが、彼らは一癖も二癖もある手に負えないクセ者ぞろいで……。現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、本編のほかダイジェストなどが配信中。

前回第3話では、百瀬ひかる(若月)に思わせぶりな態度をとる一方で、不穏な行動も見せる天羽律(本田響矢)に対し、SNS上では「律くんは何を考えているの?」「行動が謎すぎる」「かわいいのに怖い」といった声があがっていた。

<第4話あらすじ>
唐突に天羽律(本田)に唇を奪われてしまった百瀬ひかる(若月)。住人たちとの恋愛は“即刻クビ”という状況の中、ルカ(井手上漠)にも勘づかれてしまったひかるは、意を決して律に恋愛感情がないことを告げる。と、その刹那、「は? 何言ってんの? 本気で好きになると思った?」と律の態度が豹変。律はわざとひかるをクビにしようと画策していたというのだが、その一方でピアニストとしての苦悩も抱えていたようで……。

その夜、風呂上りのひかるは不意にめまいを起こし倒れてしまう。応急処置をしてくれた神崎彰人(中尾暢樹)から、倒れていたひかるを助けてくれたのは西園寺シオン(鈴木康介)だったことを聞かされたひかる。冷徹で口が悪いばかりのシオンの、優しい一面に触れた気がするのだった。

そして、これまでは言葉数も少なく、どこかつかみどころのなかった彰人から、シオン、ルカ、律とは幼馴染だったことを聞かされる。そして、女性嫌いなシオンだけではなく、彰人もまた女性に対して苦手意識を持っていることも……。ひかるは、彰人と少し打ち解けられたような気持ちにうれしさを感じるのだった。

だがその直後、ひかるはシオンからクビを宣告されてもおかしくないような絶望的な状況に追い込まれることに!?

画像ギャラリー

PICK UP