伊藤淳史“渉”、篠田麻里子“綾香”の「愛していない」に涙

公開: 更新:
伊藤淳史“渉”、篠田麻里子“綾香”の「愛していない」に涙
最新エピソードを無料視聴

伊藤淳史が主演を務める土曜ナイトドラマ『離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)第4話が、2月10日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

漫画家・大竹玲二による人気漫画「離婚しない男」(講談社ヤングマガジンKC)をドラマ化。同ドラマは、妻の不倫に気づかぬフリをしながら不倫の証拠を日々収集し、父親が親権を獲得するという困難な壁に立ち向かう男の姿を描く“リコン・ブラックコメディ”。本作の脚本を担当する鈴木おさむは、32年間活動してきた放送作家業と脚本業からの引退を発表しているが、本作が地上波連ドラ最後の脚本作品となる。なお現在TVerでは、本編や配信限定コンテンツが配信中。

前回第3話では、岡谷渉(伊藤)と妻・綾香(篠田麻里子)の馴れ初めが描かれ、2人の過去と、現在のギャップに、SNS上では「どうしてこうなった」「なんか切ない」「仲良しな2人だったのに」「いろいろあったんだなあ」などのコメントがあがっていた。

<第4話あらすじ>
岡谷渉(伊藤)の家のソファで禁断の情事を始めた妻の綾香(篠田)と不倫相手の司馬マサト(小池徹平)。渉は探偵・三砂裕(佐藤大樹)からの指示で、2人の不倫の証拠を収めるべく、ソファの下に隠れて自撮り棒の先に付けたカメラを伸ばして奮闘するも、なかなかうまく撮影できない。

渉のことを「愛していない」とマサトに告げる綾香の言葉を聞き、渉はソファの下でひっそりと涙するのだった。やがて、綾香とマサトが家を出た後、裕は渉を抱きしめ「がんばったな」とねぎらうも、渉は「もう限界だよ」と自暴自棄になり、走り去ってしまう。渉を追う裕だが、なんと2人の前に離婚弁護士・財田トキ子(水野美紀)が現れ、思いもよらない言葉を渉に投げかける――。

渉が撮影した、綾香とマサトとの不倫現場の映像を観たトキ子は、渉の離婚の弁護を引き受けて、共に闘い愛娘・心寧(磯村アメリ)の親権を取ることを約束するのだった。しかし、親権獲得には養育環境と養育実績が必要不可欠。トキ子は、渉に厳しい現実を突きつける。そんな中、綾香はマサトのある異変を目の当たりにすることに!

画像ギャラリー

PICK UP