石井杏奈、ドラマ業界用語に弱い朝日奈央に爆笑「“しりボールド”って聞いたらどうなっちゃうんだろう」

公開: 更新:
石井杏奈、ドラマ業界用語に弱い朝日奈央に爆笑「“しりボールド”って聞いたらどうなっちゃうんだろう」
最新エピソードを無料視聴

2月5日よりスタートする新ドラマ『ブラックガールズトーク』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~※TVerでリアルタイム配信あり)の記者会見が行われ、トリプル主演を務める朝日奈央関水渚石井杏奈が出席。撮影現場で一番盛り上がったトークを思い出し、石井の笑いが止まらくなってしまう場面があった。

本作は、小学館のコミックアプリ「マンガワン」で人気連載中の、マキノマキによるシリーズ100万部突破する人気同名漫画が原作。人のモノ欲しがり女、モラハラ浮気夫、高圧的パワハラ上司、何も決められない男など、身の回りにいるお騒がせなヤバい人たちについて、仲良し女子3人組が「こういう人、いるいる!」とおしゃべりして心のデトックスをはかる、盛り上がること間違いなしの共感型リアル体験ドラマだ。

朝日は、しっかり者の頼れる年上のお姉さんで商社に勤めるバリキャリOL・太田佳央梨役。関水は、優しくて面倒見のいい性格の保育士・三浦あや役。石井は、なにもかもが平均的なOL・高橋奈緒役を演じる。

朝日奈央
朝日奈央

すでに第1話を見たという3人。朝日は「めちゃくちゃ面白くて! シーズン2が見えました!」とさっそく続編に期待を寄せているようで、他の2人も賛同。関水は「なおぽん(朝日)が言った通り、1話がめちゃめちゃ面白くて。これは絶対次があるなと勝手に確信しております(笑)」と。石井も「3人での撮影がすごく楽しくて、これからも仲を深めつつ頑張りたいと思います」と意気込みを語る。

関水渚
関水渚

そんな3人はドラマの内容同様、撮影現場でもずっとおしゃべりしているそう。「とても和やかな雰囲気で、毎回(撮影が)楽しい。カットがかかってから次のシーンの本番までずっとしゃべっちゃうから、切り替えが難しいです」と語る朝日は、女優として活動する関水と石井に比べ、ドラマへの出演経験が少ない。

石井杏奈
石井杏奈

「おしゃべりしていて一番盛り上がった話題は?」と記者から質問が飛ぶと、朝日は「業界用語の話です。現場ではドラマの業界用語が飛び交っているのですが、私はこういった(ドラマの)現場が初めてなので、“わらって”(※置いてあるものを片付けること)と言われても意味がわからなくて。これ知らない人が聞いたら、あははって笑っちゃうんじゃないかなって」と、ドラマの現場に慣れていないからこそのエピソードを明かす。

その話を朝日が石井にしたところ、涙を流すくらい大爆笑していたとのこと。石井は「“しりボールド”(※カット始めにカチンコを入れることが出来ない時に、カット終わりにカチンコを入れること)とか聞いたら、どうなっちゃうんだろうって。お尻でボールド打つってこと? と思って(笑)」とその時の会話を思い出し、再び笑いが止まらなくなっていた。

会見後の撮影時には、関水がドラマのSNS宛てにDMを送るほど熱望したナナナが登場。「ナナナ!」というかわいい掛け声で、報道陣のカメラにポーズを取っていた。

画像ギャラリー

PICK UP